オープンソース

サーバー構築のデージーネットTOP > OSS情報 > デージーネットのOSS > Messasy

next up previous contents
Next: 5. 設定詳細(messasy.conf) Up: Messasy Previous: 3. インストール


4. 使い方

Messasyの利用方法を次の順に解説します。

  • imap設定
  • 保存メールフォルダ設定
  • メール保存フィルタ設定
  • 外部操作(Messasyの再読込み)

4.1 imap設定

imapサーバを使用して保存メールを参照します。

例:adminユーザで保存メールを参照する方法

1,adminアカウントを作成します。※ 必ずMessasyを起動するユーザと同一にしてください。
2,adminアカウントのホームディレクトリにディレクトリ(Maildir)を作成します。
3,imapサーバの認証方法を、システムユーザパスワードを使用した認証方法に設定します。
4,下記内容の設定ファイルでmessasyを起動します。※3.2.2のMessasyの起動を参照してください。
5,adminユーザでサーバにimap接続を行い、保存メールを参照します。

設定ファイル(messasy.conf)
MailDir=/home/admin/Maildir

※imap接続を行うユーザのホームディレクトリ(/home/admin/)の下にMaildirディレクトリを作成を行い、設定ファイルのMailDirの設定項目の値に指定してください。

4.2 保存メールディレクトリ設定

設定ファイルのMailDir,MailFolderを指定してメールの保存先ディレクトリを設定します。
設定例は下記の通りです。MailDirにはメールを保存するディレクトリ、MailFolderには
メール保存フォルダのフォーマットを指定します。

MailFolderのフォーマットにて%から始まるものは、それぞれ下記の特定の形式に置換されます。

%y → 年
%m → 月
%d → 日
%f → 送信元メールアドレス(アドレス中に含まれる.は設定ファイルのDotDelimiterで指定した文字に置換されます)
※設定ファイルのMyDomainに記載されていないアドレスであったときは、OHTERディレクトリに文字が置換されます。

例1:日付による管理例

設定例1: 年/月/日で管理
MailDir=/home/admin/Maildir
MailFolder=.%y.%m.%d

メール保存先ディレクトリは下記のディレクトリになります。
/home/admin/Maildir/.yyyy.mm.dd/new

上記設定例にて設定した際にメーラで見たときのイメージは下記のとおりです。

図: 日付による管理
Image date

例2:メールアドレスによる管理例

設定例:
MailDir=/home/admin/Maildir
MailFoder=.%f
DotDelimiter=,
MyDomain=domainpart.domain

メール保存先ディレクトリは下記のディレクトリになります。
/home/admin/Maildir/.メールアドレス/new
or
/home/admin/Maildir/.OTHER/new

上記設定例にて設定した際にメーラで見たときのイメージは下記のとおりです。

図: メールアドレスによる管理
Image address

4.3 メール保存フィルタ設定

保存したいメールアドレスをSaveMailAddressに設定します。設定した値とMailFromの値を下記の3通りのフィルタ条件で比較を行い一致した場合はメール保存対象メールと判定します。

  1. メールアドレスが完全一致
  2. ドメイン部分が完全一致
  3. ドメイン部分の後方一致

メール保存パターン対応表例

縦軸:Fromアドレス
横軸:SaveMailAddressに指定したフィルタ

localpart@domain(メールアドレス完全一致) @domain(ドメイン部分完全一致) domain(ドメイン部分後方一致)
localpart@domain 保存する 保存する 保存する
testuser@domain 保存しない 保存する 保存する
localpart@testdomain 保存しない 保存しない 保存する

4.4 設定の再読み込み

コマンドポートに接続し、RELOADコマンドを発行することにより、設定の再読み込みができます。再読み込みにより反映できる設定項目は、「5. 設定詳細(messasy.conf)」をご覧ください。

AdminPassword=admin、CommandPort=17777と設定した場合の実行例です。

$ telnet localhost 17777
Trying ::1...
telnet: connect to address ::1: Connection refused
Trying 127.0.0.1...
Connected to localhost.
Escape character is '^]'.
Welcome to Messasy (Version 3.00)
LOGIN admin
+OK logged in successfully
RELOAD
+OK reloaded successfully
QUIT
+OK good-bye
Connection closed by foreign host.
$


next up previous contents
Next: 5. 設定詳細(messasy.conf) Up: Messasy Previous: 3. インストール

2016年12月13日