よくある質問・用語集

サーバ構築のデージーネットTOP > OSS情報 > よくある質問・用語集 > 用語集 > SANとは

  • もっと調べる

SANとは

SANとはStrorage Area Networkの略で、ディスク装置などのストレージデバイスとコンピュータをSCSIプロトコルを利用して結合したネットワークシステムのことである。

SANは、コンピュータとストレージの接続に高速なファイバーチャネルを使って構築するが、近年、iSCSIの登場により、イーサーネットを利用して構築されるケースも登場している。

SANの特徴は、多数のコンピュータとストレージをつないだ環境であることが挙げられる。つまり、一つのストレージに対して多数のコンピュータがSCSIプロトコルを利用してアクセス可能ということを意味する。一つの巨大なストレージを分割して利用することができる他、データ共有可能な環境を提供することができる。

データ共有環境として利用する場合には、注意しなければならないポイントがいくつかある。同じデータを複数のコンピュータから更新をかけると、壊れてしまう可能性がある。これを回避するため、各コンピュータにエージェントを用意して互いの書き込みを監視したり、ロック管理をするなどの仕組みを用意したり、共有を前提としたクラスタファイルシステムを利用するなど、システムで考慮する必要がある。

【カテゴリ】:ネットワークインフラ  

オープンソースで大量ログデータの統合管理
〜ログ管理OSS「Graylog」のご紹介〜

日程: 1月16日(木)デージーネット東京営業所
1月24日(金)デージーネット本社
内容: 大量のログファイルを収集しても、事件・事故が発生したときにログデータを活用できていない、もっとログデータをわかりやすく管理したいなどの悩みを解決する大量ログデータ統合管理のOSS「Graylog」についてご紹介いたします。
ご興味のあるかたはぜひご参加ください。

セミナー申込

  • もっと調べる

関連用語

SANに関連するページ(事例など)

SANとは先頭へ