よくある質問・用語集

サーバ構築のデージーネットTOP > OSS情報 > よくある質問・用語集 > 用語集 > クラスタファイルシステムとは

  • もっと調べる
  • どうやって使う?

クラスタファイルシステムとは

クラスタファイルシステムとは、SAN(Storage Area Network)やiSCSIなどで複数のノードから同時にアクセスが可能なファイルシステムのことである。

NFSのような共有するためのファイルサーバが存在するわけではなく、直接ストレージをマウントして利用する。Linuxで代表的なファイルシステムであるextファイルシステムなどを複数のノードからマウントした場合、ファイルシステムキャッシュやスーパーブロックの扱いなどでノード間での同期が行われずファイルシステムが破壊されるが、クラスタファイルシステムでは、破壊されずにマウントが可能である。

Linuxの実装で代表的なものにGFSやOCFSがある。また、VMWare社の製品で利用されているVMFSもクラスタファイルシステムの一つである。

【カテゴリ】:ファイルシステム  クラスタ  

OSSの仮想基盤〜分散仮想化とコンテナ型仮想化〜 無料セミナー

日程: 10月18日(金)デージーネット本社
10月25日(金)デージーネット東京営業所
11月 7日 (木)デージーネット東京営業所
内容: 分散仮想化ソリューションのOSS「oVirt」とコンテナ型仮想化ソリューションのOSS「Kubernetes」について紹介します。
ご興味のあるかたはぜひご参加ください。

セミナー申込

  • もっと調べる
  • どうやって使う?

関連用語

クラスタファイルシステムに関連するページ(事例など)


デージーネット用語集のページです。「クラスタファイルシステム」という用語と関連情報について説明します。「クラスタファイルシステム」について情報を収集する際、サービスをご検討いただく際などに用語集ページをお役立てください。

クラスタファイルシステムとは先頭へ