よくある質問・用語集

サーバー構築のデージーネットTOP > よくある質問・用語集 > 用語集 > ファイルシステム(1/1)

ファイルシステム(1/1)

ファイルシステムの情報ページです。

1/1ページ

無料資料ダウンロード | OSSでのシステム構築・デージーネット

DRBD read-balancing調査報告書

DRBD 8.4.1から新機能として「read-balancing」が追加されました。この機能はPrimary/Secondaryの両方のディスクからデータ読み出しを行うことで、ディスクI/Oの高速化を図る機能です。本書は、DRBD read-balancingのベンチマークの結果をまとめたものです。

~GlusterFS~スケーラブルな分散ファイルシステム | OSSでのシステム構築・デージーネット

~GlusterFS~スケーラブルな分散ファイルシステム

大量のデータを保存し、複数人で使う仕組みとして、分散ファイルシステムが開発されてきました。分散ファイルシステムの特徴として、・複数のサーバに分散してファイルを配置することで大量のデータを扱えること。・ユーザにはそれがあたかも1つの場所にあるかのように見せることで、実際のデータの格納方法を意識せず使えること。

DRBD SDS [ストレージのサイズを自由に拡張] | OSSでのシステム構築・デージーネット

DRBD SDS [ストレージのサイズを自由に拡張]

今回は、DRBD SDSをご紹介します。DRBDは、2台のサーバ内のディスクをミラーリングするためのソフトウェアです。デージーネットでも冗長化システムを構築する時にはDRBDをよく使っています。

iSCSIとは | OSSでのシステム・デージーネット
iSCSI(Internet Small Computer System Interface)とは、主にストレージへアクセスするために利用しているSCSIプロトコルをTCP/IP上で利用するための規格である。データの転送にTCP/IPを利用するため、一般的に普及しているイーサーネット機器(NIC、ケーブル、スイッチ)を利用することができる。これは、iSCSIが規格化された当時、SAN(Stor...

NFSとは | OSSでのシステム・デージーネット
LinuxなどUNIX系のOSで利用されるファイル共有システムのひとつ。NFSサーバと呼ばれるファイルサーバにデータの実体が存在し、NFSクライアントと呼ばれるサーバはNFSサーバの公開されたディレクトリをネットワーク越しにマウントすることで、複数のサーバから同じファイルを共有することができる。NFSのバージョンと問題点初期のNFSの通信はUDPのみがサポートされていたが、NFSv3以降はT...

Sambaとは | OSSでのシステム・デージーネット
SambaはWindwsファイルサーバやプリントサービスを実装したオープンソースソフトウェア。現在の安定版のSamba3ではGPLv3の元、自由に利用することができる。Sambaには主に下記の機能を持っている。ファイルサーバ複数のユーザでファイルを共有することができる。アクセス権を設定することもできる。プリントサーバWindowsクライアント向けのプリントサーバ機能で、共有プリンタや...

クラスタファイルシステムとは | OSSでのシステム・デージーネット
クラスタファイルシステムは、SAN(Storage Area Network)やiSCSIなどで複数のノードから同時にアクセスが可能なファイルシステムのことである。NFSのような共有するためのファイルサーバが存在するわけではなく、直接ストレージをマウントして利用する。Linuxで代表的なファイルシステムであるextファイルシステムなどを複数のノードからマウントした場合、ファイルシステムキャッシ...

このページの先頭へ