よくある質問・用語集

サーバー構築のデージーネットTOP > よくある質問・用語集 > 用語集 > クラスタとは

  • もっと調べる
  • どうやって使う?

クラスタとは

クラスタとは、集団や群れのことである。ITの分野では、複数のコンピュータを組み合わせて使う場合に、そのコンピュータの集合をクラスタと呼ぶことが多い。用途によって、HAクラスタ、ロードバランシングクラスタ、計算クラスタ(コンピュータクラスタ、クラスタコンピューティング)のことを指すことも多い。いずれにしても、複数のコンピュータを組み合わせ、一つのコンピュータやシステムとして動作させる技術のことである。

HAクラスタ

HAは、High Availabilityの略。つまり可用性を高めるために、複数のコンピュータを組み合わせて一つのコンピュータとして動作する仕組みを指す。HAクラスタで処理が止まらない仕組みを作ることを、冗長化と呼ぶこともある。

HAクラスタには、アクティブ・スタンバイ型のクラスタと、アクティブ・アクティブ型のクラスタがある。アクティブ・スタンバイ型のクラスタでは、通常はアクティブ機で処理を行い、スタンバイ機はアクティブ機が正常に処理を行なえていることを監視する。もし、アクティブ機に何らかの障害が発生し、処理を継続することができなくなると、スタンバイ機がそれを検知し処理を引き継ぐ。 一方、アクティブ・アクティブ型のクラスタは、クラスタに参加するすべてのノードが処理を行なう。故障したノードがあると、該当ノードの処理を別のノードが引き継ぐ。

一見すると、アクティブ・スタンバイ型は、コンピュータリソースを無駄遣いしているようにも思えるため、アクティブ・アクティブ型のクラスタが優れていると考えられることが多い。しかし、アクティブ・アクティブ型のクラスタでは、障害を起こしたノードを切り離すと、システム全体で処理することのできる能力が縮退する。そのため、何らかの障害があっても継続して処理を行なうことができるようにするためには、スタンバイ機を用意することが望ましい。HAクラスタというと、2台での冗長化をイメージするが、実際には3台以上のコンピュータで冗長構成を取る場合もある。その場合には、必要な処理能力を確保するためのコンピュータN台と、スタンバイ用のコンピュータ1台を用意することが好ましいと考えられている。そのため、N+1構成のようにも呼ばれる。

デージーネットは、2004年に国内で初めてオープンソースソフトウェアを使ったHAクラスタ技術を発表した企業である。オープンソースソフトウェアを使ったHAクラスタの技術について、書籍を出版するなど専門的な活動をしている。また、LPI-Japanの「高信頼システム構築標準教科書」などの策定も行なっている。 現在も、Pacemaker、DRBDなどのオープンソースソフトウェアを活用したシステムの冗長化を行なっていて、既に100セット以上のHAクラスタの構築実績を持っている。

ロードバランシングクラスタ

処理の規模拡大のためのクラスタである。ロードバランシング、つまり負荷を分散するために、複数のコンピュータノードで処理を行なう。個々に処理を行なう能力を持ったコンピュータを複数個配置し、ロードバランサー(負荷分散装置)などを使ってリクエストを分散することで、大規模化させる方法が一般的である。 ロードバランサーとしては、専用の装置を使うこともできる。しかし、Linuxカーネルにはロードバランサーとして動作するための機能としてLVS(Linux Virtual Server)が実装されている。keepalivedやldirectordなどのオープンソースソフトウェアを使えば、このLVSの機能を制御しロードバランサーとして動作させることができる。

デージーネットでは、keepalivedを利用してロードバランサーをWebUIから管理するソフトウェアとして、ILUKAを公開している。また、こうした機能を利用して、ロードバランサーを使わずに、自律的に負荷分散を行なうサーバシステムの構築も行なっている。

計算クラスタ(コンピュータクラスタ、クラスタコンピューティング)

計算クラスタは、複数のコンピュータを使って計算や処理を行なうこと。通常は、制御するためのソフトウェアがあり、そのソフトウェアがネットワーク上に分散したコンピュータノードに処理を分散する。そして、処理結果を集め、結果を表示する。このように、複数のコンピュータで一つの処理を行なうため、クラスタコンピューティングやコンピュータクラスタと呼ばれている。 しかし、最近は、ビッグデータの解析のためにも複数のコンピュータを組み合わせて利用するようになった。その場合には、複数のコンピュータで一つの処理を行なうのではなく、複数のコンピュータで複数の処理を同時並列的に行なう。 デージーネットでは、Hadoop、Apache Spark、ElasticSearch、Apache Solrなどを使って、複数のコンピュータで解析処理を行なうビッグデータ解析システムの構築も行なっている。

【カテゴリ】:クラスタ  

  • もっと調べる
  • どうやって使う?

関連用語

クラスタに関連するページ(事例など)


デージーネット用語集のページです。「クラスタ」という用語と関連情報について説明します。「クラスタ」について情報を収集する際、サービスをご検討いただく際などに用語集ページをお役立てください。

クラスタとは先頭へ