システム構築

サーバー構築のデージーネットTOP > システム構築 > インターネットサーバ構築 > KeepAlived/LVSで冗長化した負荷分散システム

構築事例:KeepAlived/LVSで冗長化した負荷分散システム

Open Smart Design

新たな携帯コンテンツサービスを開始するにあたり、クラウド上にWWWサーバ、メールサーバ、DBサーバを構築しました。さらにKeepAlived/LVSで冗長化した負荷分散システムを構築し、Webとメールのアクセスを分散、アクセス数が多くても耐えられるシステムを構築しました。

導入企業業種
携帯コンテンツ開発(東京都)
ユーザー規模
10万人以上
利用OS
Linux(CentOS6)
導入月
2014年7月頃
お客様が悩まれていた課題
サーバをクラウド上に置きたい
クラウドサービスのロードバランサだと要件に合わない
負荷分散装置の冗長化にはコストがかかる

デージーネットが提案した「KeepAlived/LVSで冗長化した負荷分散システム」

解決ポイント

クラウド上にKeepAlived/LVSで冗長化した負荷分散システムを構築

新しい携帯コンテンツのサービスには、クライアントからの多数のアクセスが予想されました。そのため、Webやメールのアクセスを振り分ける負荷分散サーバの導入を希望されました。また、サービスに関連するサーバ(負荷分散、Web、メール、DB)をすべてクラウド上に置きたい、負荷分散サーバは、サービスが停止しないように冗長化したいというご要望もいただきました。

KeepAlived/LVSで冗長化した負荷分散システムを構築

オープンソースソフトウェアのKeepAlivedとLVSを使用し、クラウド上に負荷分散システムを構築しました。KeepAlivedで負荷分散対象のWWWサーバ/メールサーバを定期的に監視し、通信できないなどの問題が発生した場合にLVSの設定を変更、そのサーバにはリクエストが割り振られないようにしました。また、KeepAlivedの負荷分散サーバ自体の稼動状況を監視する機能を使い、KeepAlivedが停止していたら自動的に切り替わりが発生する冗長構成にしました。

WWWサーバ/メールサーバの監視内容をシステムの状況にあわせて設定

負荷分散対象のWWWサーバ/メールサーバの状態に合わせて、KeepAlivedが監視する内容を提案、設定しました。ポートレベルでの監視ではなく、サービスレベル(Webページにアクセスできるかどうか)の監視を導入しました。

導入後の結果

負荷分散サーバ自体が冗長化されており、また関連するサーバがクラウド上で完結しているため、何かあったら慌てて現地にかけつけるということもなく、安心して利用いただいています。また、関連するWeb、メール、DBサーバも含めOpen Smart Assistanceに加入していただいているため、「負荷分散対象のサーバが切り離されたが原因がわからない」などなにかあったときでも、デージーネットでシステム全体を見て障害調査を行っています。そうすることで、迅速な問題解決が可能になりました。



KeepAlived/LVSで冗長化した負荷分散システムの関連ページ

インターネットサーバ構築の事例一覧

様々な事例を集めたモデルプラン(費用例付き)をお送りしています。

代表的な事例を集めた「モデルプラン」をお送りしています。費用の例も記載しておりますので、価格感も知って頂ける資料となっております。
ご希望の方は、下記よりお申し込みください。

モデルプランをご希望の方

KeepAlived/LVSで冗長化した負荷分散システムの先頭へ