よくある質問・用語集

サーバ構築のデージーネットTOP > OSS情報 > OSS紹介 > 高可用性とクラスタ > Heartbeatとは

  • もっと調べる
  • どうやって使う?

Heartbeatとは

Heartbeatとは、HAクラスタを構成するためのオープンソースソフトウェアである。Linuxで高可用クラスタシステムを構築するための部品を提供しているLinux-HAというプロジェクトで管理されている。Pacemakerなどのクラスタリソースマネージャ(CRM)と組み合わせてリソースの状態まで監視をするHAクラスタを構築することができる。

ノード数に上限はなく、最小2台構成から大規模なクラスタまで構築することができ、障害発生時にリソースをノード間で移動したり、障害のあったノードをクラスタから除去するフェンス機構も含まれている。DRBDとも親和性が高く、Heartbeat + Pacemaker + DRBDを組み合わせることで商用のHAソフトウェアと同等のクラスタシステムを構築することができる。Heartbeat自身が不安定になった場合を想定してwatchdogを設定することができたり、不正なノードを切り離すSTONITHにも対応している。

【カテゴリ】:クラスタ  オープンソースソフトウェア  

  • もっと調べる
  • どうやって使う?

【WEBセミナー】生産性向上!テレワークの課題を解決するジョブ管理ツール活用セミナー

日程: 9月24日(木)Webセミナー「BigBlueButton」を使用します。
内容: ご好評のテレワーク導入セミナー第3弾!ここでは、コロナ禍で当たり前になりつつあるテレワークで、生産性向上のためのツールや弊社取り組みをご紹介します。
ご興味のあるかたはぜひご参加ください。

セミナー申込

関連用語

Heartbeatに関連するページ(事例など)

Heartbeatとは先頭へ