システム構築

サーバー構築のデージーネットTOP > システム構築 > 社内サーバインフラの構築 > NFSサーバ冗長化

構築事例:NFSサーバ冗長化

Open Smart Design

WWW上の情報検索サービスのために、複数台のサーバでコンテンツを共有し、サービスを安定稼動させたいというご要望がありました。デージーネットのクラスタリング技術を応用し、HAクラスタ化したNFSサーバを構築しました。

導入企業業種
コンテンツサービスプロバイダ(東京都)
ユーザー規模
オープン
利用OS
Linux (SuSE Linux Enterprise Server 9)
導入月
2007年10月頃
お客様が悩まれていた課題
多数のアクセスが予想される
重要なサービスを停止させたくない
高価な専用機器の導入に躊躇している

デージーネットが提案した「NFSサーバ冗長化」

解決ポイント

OSSを使ってNFSクラスタを実現

WWW上に情報検索サービスを立ち上げようとしているが、相当なアクセス数が見込まれるためWWWサーバは十数台用意する必要があり、すべてのWWWサーバでコンテンツを共有するための仕組みがほしいというご要望をいただきました。さらに、非常に重要なサービスであり、サービス停止が発生しない仕組みを汎用的なサーバで構築してほしいというご要望もいただきました。

NFSサーバでコンテンツデータを共有

コンテンツ共有のためにNFSサーバを利用することを提案しました。専用の機器を使わずに実現することで、導入に必要な費用を抑えることができました。

NFSサーバのクラスタ化事例

NFSサーバをクラスタ技術で冗長化

デージーネットでは、heartbeatDRBDを組み合わせたクラスタによるメールサーバやDBサーバ構築に以前から取り組んできました。そのノウハウを生かし、NFSサーバのクラスタ化を提案しました。Linuxサーバ2台でActive/Standby型のクラスタを構築するために、heartbeatというクラスタソフトウェアを利用しました。

ネットワークミラーリングを利用

データ領域には高価な外部共有ストレージを用意するのではなく、DRBDを利用してサーバの内蔵ディスクをネットワークミラーリングすることを提案しました。DRBDで2台のサーバがそれぞれ筐体の中に搭載しているディスクを、ネットワークを通じてミラーリングすることで、データの冗長性も確保しました。

導入後の結果

導入後しばらく時間が経過してから、夜間に通常稼動している側のNFSサーバに搭載されていたディスクが故障しましたが、クラスタソフトウェアがディスクの故障を検知して自動的に待機しているサーバに処理が切り替わることで、安定したサービスを継続することができました。

セキュリティアップデートなどのシステムメンテナンスの際にもサービスを切り替えて1台ずつ対応することで、サービスを止めることなくメンテナンスを行うことができるようになりました。アクセス数が増加しレスポンスが悪くなったときには、NFSサービスのパラメータも調整しました。



社内サーバインフラの構築の事例一覧

様々な事例を集めたモデルプラン(費用例付き)をお送りしています。

代表的な事例を集めた「モデルプラン」をお送りしています。費用の例も記載しておりますので、価格感も知って頂ける資料となっております。
ご希望の方は、下記よりお申し込みください。

モデルプランをご希望の方

各種費用についてのお問い合わせ

コンサルティング費用、設計費用、構築費用、運用費用、保守費用など、各種費用についてのお見積もりは以下のフォームよりお気軽にお問合せ下さい。

unboundやPowerDNSを使用したDNSサーバのモデルプランをご希望の方

NFSサーバ冗長化の先頭へ