システム構築

サーバー構築のデージーネットTOP > システム構築 > メールシステム構築 > メールサーバ冗長化

構築事例:メールサーバ冗長化

Open Smart Design

オープンソースソフトウェアのheartbeat/DRBDを使って、メールサーバを冗長化しました。MTAとしては、Postfixを採用し、OpenLDAPを使ってユーザ管理を実施。さらに、LDAPでのユーザ管理を簡単に行えるよう、postLDAPadminを利用しました。

導入企業業種
製造業(三重県)
ユーザー規模
約300ユーザ
利用OS
Linux(CentOS5)
導入月
2008年12月頃
お客様が悩まれていた課題
メールサーバにトラブルがあるとメールが使えなくなる
知識のある人しかユーザ管理ができない
サーバ管理者の負担が大きい

デージーネットが提案した「メールサーバ冗長化」

解決ポイント

メールサーバを冗長化し、ユーザ管理ソフトを導入しました

次のようなご要望をいただき、提案をさせて頂きました。

  • メールサーバが1台で構成され、メールサーバにトラブルがあるとメールが使えなくなるため、メールサーバを冗長化したい。
  • 新入社員等でメールアドレスを追加するときは、サーバにログインして作業しなければならず、知識のあるものしか対応できない。もっと対応しやすいインタフェースが欲しい。
  • 社員のメールの設定の変更も管理者が行っている。パスワードの変更も、ユーザにサーバへログインさせているので何とかしたい。
  • SPAM対策も行いたい。

OSSでメールサーバ冗長化を実現

デージーネットからは、PostfixOpenLDAPを使って、LDAP連携のメールサーバとすることを提案しました。メールサーバの冗長性を確保するために、オープンソースソフトウェアのheartbeat/DRBDを使って、メールサーバ冗長化しました。メールサーバを冗長化する場合には、NASや外部ディスクを利用することが一般的です。しかし、DRBDを利用することを提案しました。そのため、PCサーバの内蔵ディスクだけでシステムを構成し、ハードウェアのコストを抑えることができました。

冗長化メールシステムの構築事例

Webからユーザを管理

LDAPを使ってユーザ管理をすると、ユーザ管理が難しくなります。そのため、デージーネットが開発したpostLDAPadminというオープンソースソフトウェアを提案しました。

用途に合わせて製品も組み合わせ

SPAM対策は、製品の方が高機能で使いやすいと判断し、SPAM対策専用のアプライアンス製品を提案しました。OSSと上手く連携して動作するようにしました。設定は、メールサーバを構築した技術者が一括して実施しました。そのため、システム全体を考えた設定を行うことができました。

適正な費用で冗長化を実現

デージーネットでは、ISPのような大規模なメールサーバから、中小企業で利用されるメールサーバまで、幅広い実績があります。そのため、利用者の数に合わせて適切なシステム構成で提案することができます。このケースでは、DRBDを利用して、メールのデータを2つのサーバ間でネットワークミラーリングをする構成としました。これによって、コストを抑え、ユーザ規模に対して適正な予算でメールサーバ冗長化を実現することができました。

導入後の結果

運用が容易に

システム停止することなく運用ができるようになりました。WebインタフェースのGUIが用意されたので、システム管理者の作業もずいぶん楽になりました。また、ユーザも自分でパスワードやメールの転送設定などを行うことができるようになりました。

日々の運用や障害の時も安心に

メールサーバを冗長化することで、障害発生時でもサーバの機能を維持し続けられるようになりました。デージーネットの支援サービスにご契約頂いているので、「サーバの負荷が高い」「メールが届かない」など日々の運用で発生するQ&A、障害調査・回避なども迅速にサポートしています。

管理者の負荷が減少

SPAM対策アプライアンスで発生する問題についても、デージーネットが調査し、メーカーに直接問い合わせを掛けています。そのため、システム管理者の運用負荷も、大幅に低下しました。




メールシステム構築の事例一覧

様々な事例を集めたモデルプラン(費用例付き)をお送りしています。

代表的な事例を集めた「モデルプラン」をお送りしています。費用の例も記載しておりますので、価格感も知って頂ける資料となっております。
ご希望の方は、下記よりお申し込みください。

モデルプランをご希望の方

メールサーバ冗長化の先頭へ