システム構築

サーバー構築のデージーネットTOP > システム構築 > メールシステム構築 > OSSのメーリングリスト管理システム(Sympa)

構築事例:OSSのメーリングリスト管理システム(Sympa)

Open Smart Design

メーリングリスト管理システムにSympaを利用しました。Sympaを利用することで、複数ドメインやLDAPによる統合管理に対応したメーリングリストシステムを実現できました。メーリングリストの管理はSympaのWEBインタフェースから行うことができます。

導入企業業種
インターネットサービスプロバイダ(愛知県名古屋市)
ユーザー規模
1,000人
利用OS
Linux(CentOS6)
導入月
2013年2月頃
お客様が悩まれていた課題
メールアカウントとメーリングリストが別管理になっていて手間
メーリングリストの数が増えて変更作業が大変
複数のドメインのメーリングリストの管理ができない

デージーネットが提案した「OSSのメーリングリスト管理システム(Sympa)」

解決ポイント

Sympaの機能を活用

Sympaを導入

メーリングリストサーバには「Sympa」を導入しました。Sympaは他のメーリングリストと比較して非常に高機能です。

メールアカウントとメーリングリストをLDAPで管理

メールアカウントとメーリングリストを同じデータベース上で管理できるようにしました。Sympaでは、LDAPサーバをバックエンドとして利用できます。そのため、LDAPサーバでメーリングリストを管理できるようになりました。

SympaのGUIによるメーリングリスト管理

Sympaに付属している管理用WEBインタフェースで、メーリングリストを管理できるようにしました。SympaのWEBインタフェースは英語だけでなく、日本語にも対応しています。Sympaを利用することで、変更作業を簡単に行えます。

マルチドメインの管理を実現

Sympaの管理用WEBインタフェースでは、ドメインごとに管理インタフェースを用意できます。そのため、異なるドメインのメーリングリストの管理も、Sympaを導入することで容易に行えるようになりました。

導入後の結果

Sympaの導入により、メールアカウントとメーリングリストの管理をLDAPサーバに統合し、管理の手間を軽減することができました。また、Sympaの日本語WEBインタフェースから管理できるようになり、変更作業が簡単になりました。SympaのWEBインタフェースからは、異なるドメインのメーリングリストの管理も可能となりました。



利用OSS

Sympaとは

SympaはGPLv2で公開されているオープンソースソフトウェアです。Sympaを導入することで、メーリングリストの管理を行うことができます。SympaはSendmailやQmail、Postfix等のメールサーバと連携して利用することができます。また、今回の事例でも紹介したように、Sympaには豊富な機能があります。

SympaのWEBインタフェース

Sympaには、管理WEBインタフェースがあります。SympaのWEBインタフェースは英語だけでなく、日本語やその他の言語にも対応しています。SympaのWEBインタフェースからは、メーリングリストの管理だけでなく、メーリングリストのアーカイブの参照、共有文書の管理などを行うことができます。また、Sympaでは異なるドメイン毎にメーリングリストの管理インタフェースを提供することや、ログインユーザの権限による操作の制限も行うことができます。

Sympaのバックエンド選択性

バックエンドの選択性もSympaの特徴です。従来のメーリングリスト管理ソフトウェアと同様に、Sympaでもファイルでのデータ管理をすることができます。加えてSympaでは、RDBMSやLDAPサーバをバックエンドとして利用することができます。今回の事例のように、メールアカウントとメーリングリストを同じデータベース上で管理することができます。

デージーネットとSympa

デージーネットでは、メーリングリストサーバには、Sympaを推奨することが多くあります。Sympaの機能が豊富なことや、バックエンドにLDAPやRDBを利用できることから、規模の大きなメーリングリストサーバにも対応することができます。さらに、企業では、Sympaを導入することでLDAPやActiveDirectoryのユーザ情報を利用できることも非常に大きなメリットです。

Sympaは比較的最近になって使われるようになりました。デージーネットでは、既にSympa導入実績が多数あります。導入後に大きな問題が発生することはなく、Sympaは順調に稼働しています。したがって、Sympaは品質的に安定しています。また、小規模なSympaのカスタマイズの実績もあります。

デージーネットではOpen Smart Assistanceによる導入後支援で、障害時の解析サービスを行っています。Sympaには商用のサポートがないため、バグなどの場合には、コミュニティーに連絡を取って修正を待つのが一般的な対応となります。ただし、有償ではありますが、デージーネットで修正を行うことも可能です。

OSSのメーリングリスト管理システム(Sympa)の関連ページ

メールシステム構築の事例一覧

様々な事例を集めたモデルプラン(費用例付き)をお送りしています。

代表的な事例を集めた「モデルプラン」をお送りしています。費用の例も記載しておりますので、価格感も知って頂ける資料となっております。
ご希望の方は、下記よりお申し込みください。

モデルプランをご希望の方

各種費用についてのお問い合わせ

コンサルティング費用、設計費用、構築費用、運用費用、保守費用など、各種費用についてのお見積もりは以下のフォームよりお気軽にお問合せ下さい。

unboundやPowerDNSを使用したDNSサーバのモデルプランをご希望の方

OSSのメーリングリスト管理システム(Sympa)の先頭へ