オープンソース

サーバ構築のデージーネットTOP > OSS情報 > OSS紹介 > 高可用性とクラスタ > クラスタシステムのサポート

クラスタシステムのサポート

オープンソースのクラスタソフトウェアは、もちろん無償で利用することができます。しかし、必要に応じてサポートを購入することもできます。ここでは、オープンソースのクラスタソフトウェアをサポート付きで利用する方法について紹介します。

サポートレベル

クラスタソフトウェアのサポートのレベルは、購入するサポートによってまちまちです。

  • バイナリパッケージの提供
  • セキュリティ情報、バグ情報などの情報提供
  • インストレーションのサポート
  • 利用法に関するQ&A
  • 障害発生時の相談窓口
  • バグによる障害の場合のバグ改修の保証

一般的に、サポートレベルが高ければ高いほど、サポート費用は高額になります。サポートを購入する場合には、どのサポートが受けられるのかを確認し、適切なものを選びましょう。

サポートのご紹介(昇順)

DesigNET Open Smart Assistance外部サイトへ

株式会社デージーネットが提供するサポートです。Pacemaker、Heartbeat、corosync、DRBDなどを利用して、クラスタシステムを構築し、運用中のサポートも提供します。

障害時のリモートログインによる原因解析サービス、各種サポート窓口への問い合わせによる問題解決などのサポートを提供します。クラスタソフトウェアそのものをサポートしないため、Libit Cluster Stack Supportや、RedHat、SuSEなどのサポートと組み合わせて利用します。

このサポートは、システム管理者の補助的な役割を担います。システム管理者に替わって障害を解析し、各種サポート窓口と交渉しながら、障害を回避するための方法を見つけます。クラスタの仕組みや、詳細な技術情報を知らないシステム管理者の方でも、安心してクラスタサーバを利用できるようにするためのサポートです。

比較的低価格なRedHat、SuSEなどのサポートと組み合わせることで、リーズナブルなコストで高いサポートサービスを受けることができます。

Linbit Cluster Stack Support

Linbit社の提供するDRBDを中心としたサポートメニューです。バイナリパッケージの提供だけでなく、サポートグレードによっては、PacemakerやHeartbeatのサポートを受けることもできます。日本では、株式会社サードウェアがLINBIT社の総代理店として、商用サポートやトレーニングを提供しています。そのため、システム構築方法を学ぶためのセミナーなど、幅広いサポートを受けることができます。

RedHat Enterprise Linux High Availability Addon

RedHat Enterprise Linuxに、High Availability機能をアドオンするパッケージです。Pacemakerやcorosyncが採用されています。RedHat から提供されるバイナリパッケージを利用できます。さらに、セキュリティ、バグ修正、拡張機能などのサービスを受けることができます。

RedHat Enterprise Linuxのサブスクリプションに対して、比較的低価格なアドオンの費用を支払うだけでサポートが受けられる手軽さがあります。

SuSE Linux Enterprise High Availability

Novell社が提供するSuSE Linux Enterprise Serverで、High Availability機能を利用するための製品です。Pacemaker、Heartbeat、DRBDなどが採用されています。ベーシック、スタンダード、プライオリティの3つのサポートレベルから選択することができます。バイナリパッケージやアップデートだけでなく、バグ修正などのサポートも受けることができます。

一押しOSS情報「クラスタのOSS」

高可用性とクラスタ
高可用性とは、止まらずに動く性能ということです。HAクラスタは、この高可用性を実現するシステムです。
OSSで構築するクラスタのメリット
ここではオープンソースソフトウェアを駆使したクラスタのメリットについて紹介します。
Pacemaker
〜OSSのクラスタソフトウェア〜
Pacemakerは、クラスタシステム全体を管理するオープンソースソフトウェアです。Pacemakerが動作するには、クラスタの各ノードの管理と、ノード間の通信を行うクラスタの基盤となる仕組み(クラスタ基盤ソフト)が別に必要です。
corosync〜OSSのクラスタ管理ソフト〜
corosyncはクラスタ基盤ソフトウェアです。Pacemakerと共に使われ、通信や監視などの機能を提供します。
DRBD
〜ネットワークミラーリング用ソフト〜
DRBDは、クラスタシステムでデータ共有を行うために使われるネットワークミラーリング用のソフトウェアです。現在はオーストリアのLinbit社が開発、サポートを行っているオープンソースソフトウェアです。
クラスタシステムとデータ共有
クラスタシステムを設計する時にはデータの共有をどのように行うか。これはとても悩ましい問題です。ここではクラスタシステムで良く利用されるファイル共有方法について紹介します。
クラスタシステムのサポート
オープンソースのクラスタソフトウェアは、各種サポート付きで利用することも可能です。
Hawk〜OSSのクラスタ管理用GUI〜
Hawkでは、HAクラスタシステムの設定や管理を、ウェブインタフェースから行うことができます。そのため、コマンドラインの操作に不慣れな場合でも、HAクラスタシステムの運用・管理を簡単に行うことが可能になります。
Heartbeat〜OSSのクラスタ管理ソフト〜
HeartbeatはOSSの基盤クラスタソフトとして、もっとも代表的なソフトウェアです。Heartbeatは、クラスタノード間でのメッセージの交換、ハードウェアの制御などの機能を提供します。
クラスタ導入の注意点
クラスタシステムは、大変複雑なシステムです。ここでは、クラスタ構築を行う場合の注意点について解説します。

ご検討用の資料をご用意しております。

様々な事例を集めたモデルプラン(費用例付き)をお送りしています。

代表的な事例を集めた「モデルプラン」をお送りしています。費用の例も記載しておりますので、価格感も知って頂ける資料となっております。
ご希望の方は、下記よりお申し込みください。


モデルプランをご希望の方

各種費用についてのお問い合わせ

コンサルティング費用、設計費用、構築費用、運用費用、保守費用など、各種費用についてのお見積もりは以下のフォームよりお気軽にお問合せ下さい。


unboundやPowerDNSを使用したDNSサーバのモデルプランをご希望の方

クラスタシステムのサポートの先頭へ