よくある質問・用語集

サーバー構築のデージーネットTOP > よくある質問・用語集 > 用語集 > 負荷分散とは

  • もっと調べる
  • どうやって使う?

負荷分散とは

負荷分散とは、並列に運用されている機器間で、負荷がなるべく均等になるように処理を分散して割り当てることである。負荷分散は、専用の機器を使用する、DNSサーバの設定をする、またはサーバに負荷分散ソフトウェアを導入することにより実現でき、性能改善、冗長化の用途で使用することができる。

負荷分散の手法

負荷分散を行うための手法は複数あり、用途に応じて適切な手法を選択する必要がある。手法には次のようなものがある。

  • DNSラウンドロビン型
  • プロキシ型
  • アドレス変換(NAT)型
  • ダイレクトルーティング型
  • トンネル型

DNSラウンドロビン型

利用するサーバをDNSの仕組みを使って動的に切り替えることで、リクエストを複数のサーバ間で分散する方法である。クライアントはサービスを利用する前に、DNSサーバの問い合わせを行う。DNSサーバは複数のサーバのIPアドレスの中から1つを選んで応答する。この方法は、DNSサーバのゾーンファイルの設定だけで、簡単に導入することができる。

具体的には、DNSサーバの一つのホスト名に、サービスを提供するサーバのIPアドレスを複数記載する。しかし、サーバがダウンしている場合、アクセスが失敗してしまう問題がある。また、サーバの負荷状態とは関係なく均等に割り振るため、サーバの処理能力に差がある場合には、システム全体の性能向上にはつながらない場合がある。

DNSラウンドロビンが使用できるDNSサーバとしては、BINDがある。

プロキシ型

クライアントからのアクセスを一旦プロキシサーバで受信し、複数のサーバから適切なサーバを選択して通信を行うことで、システム全体の処理能力を向上させる方法である。この方法は、プロキシサーバで接続を中継するため、どのサーバでどの程度の処理が行われているか管理でき、最も接続数が少ないサーバを選択することが可能である。サーバへの接続が失敗した場合にも、プロキシサーバが別のサーバへリトライすることで、サーバの冗長化と同様の機能を提供することも可能である。

プロキシサーバは、一般的にすべてのプロトコルに汎用に対応するものではなく、プロトコル毎に実装する必要がある。サーバのアクセスは全てプロキシサーバからのアクセスとなるため、アクセス解析や、クライアントからの接続ログの取得がサーバでは行えない。また、プロキシサーバそのものに処理が集中し、性能のボトルネックになってしまう可能性がある。オープンソースのWeb負荷分散プロキシとしては、poundが知られている。

アドレス変換(NAT)型

サーバに対するリクエストの宛先アドレスを適切に変換して、複数のサーバへ処理を分散させる方法である。この方法は、さまざまなプロトコルに対応することができる。

後述するサーバ負荷連動型の分散ポリシーを使用することで、サーバの負荷に応じて適切なサーバに処理を割り振ることができ、個別の処理時間を短縮することができる。しかし、プロトコル独自の処理に基づいて負荷分散をすることはできない。Linuxの実装であるLVS(Linux Virtual Server)や一般的なロードバランサで、この方法を採用している。

ダイレクトルーティング型

サーバに対するリクエストの宛先物理アドレス(MACアドレス)を変更して別の機器に転送することで、複数のサーバへ処理を分散させる方法である。この方法は、プロキシ型やアドレス変換型とくらべて負荷分散の処理負荷が低く、ボトルネックとなりにくい。

しかし、宛先IPアドレスを変更せず物理アドレス(MACアドレス)のみを変更するため、リクエストを処理するサーバ側でこのIPアドレスを受け取れるような特殊な仕組みが必要である。また、負荷分散を行う機器とサービスを提供するサーバは、同一のネットワーク上に置かなければならないという制限がある。

応答パケットが該当のサーバからクライアントに直接送信できるように、ネットワークを構築する必要がある。サーバ側に特別な仕組みが必要なため、構築するためのハードルは高い。Linuxの実装であるLVS(Linux Virtual Server)で、この方法を採用している。ロードバランサでも対応している製品がある。

トンネル型

IPトンネルを利用して負荷分散を行う方法である。サーバに対するリクエストを実サーバのIPヘッダでカプセル化して別の機器に転送することで、複数のサーバへ処理を分散させる方法である。

この方法は、サービスを提供するサーバが、違うネットワークセグメントにあっても構築することが可能である。そのため、ネットワーク上に広くサーバを配置することができ、クライアントの近くにサーバを配置すれば、ネットワークのボトルネックを回避することができる。パフォーマンスはダイレクトルーティング型とほぼ同じとなる。

ネットワークを越えて特殊なパケットをサーバに届けるため、サービスを提供するサーバは、カプセル化されたパケットを受信できるように設定をする。また、ダイレクトルーティング型と同じように、応答パケットは該当のサーバからクライアントに直接送信できるようにネットワークを構築する必要がある。Linuxの実装であるLVS(Linux Virtual Server)で、この方法を採用している。

分散ポリシー

サーバへリクエストを分散させるポリシーとしては、次のようなものがある。

  • ラウンドロビン型
  • ランダム型
  • 送信元IPアドレス型
  • サーバ負荷連動型
  • 重み付け

ラウンドロビン型

各サーバに順番にリクエストを割り振る方式。分散対象サーバのそれぞれの処理能力が同じで、リクエストの処理時間が一定の場合有効である。また、順番にリクエストを割り振るため、サーバが提供するコンテンツの内容は同一である必要がある。しかし、アクセス毎にサーバが切り替わるため、動的コンテンツへの適応は推奨されない。また、リクエストに対する処理時間のばらつきが大きい場合、サーバの負荷の偏りが大きくなる。

ランダム型

乱数を使用し、完全にランダムにリクエストを割り振る方式。分散対象サーバのそれぞれの処理能力が同じで、リクエストの処理時間が一定の場合有効である。また、リクエストをランダムに割り振るため、サーバが提供するコンテンツの内容は同一である必要がある。

ラウンドロビン型と同様に、アクセス毎にサーバが切り替わるため、動的コンテンツへの適応は推奨されない。また、リクエストに対する処理時間のばらつきが大きい場合、サーバの負荷の偏りが大きくなる。

送信元IPアドレス型

送信元のIPアドレスに従ってリクエストを割り振る方式。同じクライアントは同じサーバに割り振られる。アクセス毎にサーバは切り替わらないため、動的コンテンツへの適応が行える。しかし、送信元IPアドレスに従ってサーバが決まるため、サーバの負荷にばらつきが発生する。

サーバ負荷連動型

処理能力に余裕のあるサーバへ割り振る方式。サーバの負荷計測基準としては、「処理中のリクエスト数」「CPU利用率」「ロードアベレージ」などが使われる。分散対象サーバのそれぞれの処理能力が異なっている場合や、リクエスト毎に処理時間が異なっている場合有効である。

負荷の低いサーバへ割り振られることにより、アクセス毎にサーバが切り替わることがあるため、サーバが提供するコンテンツの内容は同一である必要がある。ラウンドロビン型と同様に、動的コンテンツへの適応は推奨されない。

この方式で、CPU利用率やロードアベレージなど、サーバの情報を利用するためには、サーバの負荷を計測するための仕組みが必要である。例えば、Linuxの負荷分散実装であるLVS(Linux Virtual Server)では、実サーバ上の情報を収集しLVSへ振り分けの設定を行うためにfeedbackdが用意されている。

重み付け

サーバの性能に応じてリクエストを割り振る頻度を調整する方式。全てのサーバの性能が同じでない場合に使われる。ラウンドロビン型、ランダム型、送信元IPアドレス型などと組み合わせて使う。

【カテゴリ】:システム管理  

  • もっと調べる
  • どうやって使う?

関連用語

負荷分散に関連するページ(事例など)


デージーネット用語集のページです。「負荷分散」という用語と関連情報について説明します。「負荷分散」について情報を収集する際、サービスをご検討いただく際などに用語集ページをお役立てください。

負荷分散とは先頭へ