よくある質問・用語集

  • もっと調べる

UDPとは

UDPとは、セッションの確立やデータ到達の確認を行わずにデータ送信を行うプロトコルである。User Datagram Protocolの略称で、インターネット通信で利用される主要なプロトコルの1つである。UDPではデータ到達は保証されない。TCPに比べて軽いプロトコルといえる。

UDPはOSI参照モデルのトランスポート層にあたる。ネットワーク層のIPの上位プロトコルである。

UDPは、インターネットでのいくつかの重要なアプリケーションで利用されている。これらの多くは、一つのパケットにデータが収まるもので、かつ、素早い応答が求められるものである。代表的なものにDNSがある。 こういった用途以外では、データ信頼性よりもリアルタイム性が求められるストリーミングなどに使われる。

技術仕様はRFC768で規定されている。

【カテゴリ】:ネットワーク  プロトコル  

  • もっと調べる

【Webセミナー】情報システム部担当者が教える!オープンソースソフトウェア活用した
 テレワークの導入セミナー

日程: 11月27日(金)Webセミナー「BigBlueButton」を使用します。
内容: 前回ご好評でした、「デージーネットのテレワーク事例から学ぶ、オープンソースを活用したテレワーク導入セミナー」の内容をさらにパワーアップ!Web会議システムやチャットシステムに加えてテレワークのために利用しているOSSについてご紹介します。
ご興味のあるかたはぜひご参加ください。

セミナー申込

関連用語

UDPに関連するページ(事例など)

UDPとは先頭へ