よくある質問・用語集

サーバー構築のデージーネットTOP > よくある質問・用語集 > 用語集 > ネットワーク(1/3)

ネットワークに関する情報・用語まとめ(1/3)

ネットワークの情報ページです。

1/3ページ

無料資料ダウンロード | OSSでのシステム構築・デージーネット

DHCPサーバのPrefix Delegationの動作確認とルータの設定について

IPv6 Prefix Delegationの確認方法について解説したレポートです。また、Prefix Delegationを利用するLinuxルータの構築方法についても詳細に記載しています。

NetworkManagerを活用しよう | OSSでのシステム構築・デージーネット

NetworkManagerを活用しよう

今回は、NetworkManagerについて紹介します。CentOS7から、ネットワーク管理のツールとしてNetworkManagerが標準になりました。皆さんは、NetworkManagerを活用していますか?つい直接ファイルを編集してしまう、知らない間に設定ファイルを書き換えられたりしてわずらわしい、あまり活用できていない、ということはないでしょうか。

ISC DHCPに代わるDHCPサーバ [Kea] | OSSでのシステム構築・デージーネット

ISC DHCPに代わるDHCPサーバ [Kea]

ISC(Internet Systems Consortium)がリリースしているDHCPサーバで、インターネットサービスプロバイダや学校等で多く利用されています。1999年にリリースされてから、バージョンアップを繰り返しながら長い間、使われ続けています。そのISCが2015年に新しいDHCPサーバ Kea をリリースしました。KeaはISC DHCPに代わるDHCPサーバとしてISCが開発を進めており、現在(2017年8月3日時点)では バージョン 1.2.0 がリリースされています。

TCPとは | OSSでのシステム構築・デージーネット
TCPはTransmission Control Protocolの略で、インターネットで利用するプロトコルの一つ。TCPでは、1対1のセッションによる通信を行うことができ、パケットの再送やエラー訂正などを行う機能を持っている。そのため、確実性をもった通信を行いたい場面で利用される。一般的にTCPによるセッション管理とIP(Internet Protocol)によるPCやサーバ間の通信相手の制御...

TLSとは | OSSでのシステム構築・デージーネット
Transport Layer Security の略語。ネットワーク上の通信を暗号化して送受信するためのプロトコル。SSL(Secure Socket Layer)プロトコルが元になっている。RFCでは バージョン 1.0、1.1、1.2 が定義されている。TLS 1.0IETFににより1996年にRFC2246として制定された。SSL3.0を元にいくつかの改良がされている。TLS...

UDPとは | OSSでのシステム構築・デージーネット
UDPはUser Datagram Protocolの略で、インターネットで利用するプロトコルの一つ。UDPでは、パケット送信相手へのセッションの確立や、データ到達の確認などは行わずにデータ送信を行う。そのため、データ到達は保障されない。これは、TCPに比べて軽いプロトコルといえる。UDPはOSI参照モデルのトランスポート層にあたる。ネットワーク層のIPの上位プロトコルである。UDPは、イ...

クライアントとは | OSSでのシステム構築・デージーネット
クライアントとは、サーバにサービスリクエストを送り、サービス提供を受けるコンピュータやアプリケーションのことである。クライアントの代表的なものには、ブラウザがあげられる。Internet ExplorerやFirefoxといったブラウザは、Webサーバへページ取得要求を送信し、そのページのデータを受け取って表示する。FTPクライアントなども同じで、アプリケーションがクライアントになっている場合...

サーバとは | OSSでのシステム構築・デージーネット
サーバとは、クライアントからのリクエストに対して何かしらのサービスを提供するコンピュータやシステムのことである。主なサーバサーバの代表的なものには、Webサーバがあげられる。これは、各PCのブラウザがクライアントとなり、Webサーバに通信して、サービス(Webページ)を結果として受け取り、ブラウザが表示するというサーバ/クライアントモデルの代表的なものである。同じようにコンピュータからのリク...

冗長化とは | OSSでのシステム構築・デージーネット
冗長化とは、システムに何らかの障害が発生した場合に備えて、障害発生後でもシステム全体の機能を維持し続けられるように予備の装置を平常時からバックアップとして配置し運用しておくことである。一瞬の停止も許されないシステムで採用され、冗長化の手法には、サーバの二重化による「サーバの冗長化」、「ストレージの冗長化」、回線経路の二重化による「ネットワークの冗長化」などの複数の手法がある。一般的に、システム...

データベースとは | OSSでのシステム構築・デージーネット
データベースとは様々なソフトウェアやユーザから共有されるデータの集合。管理システムを含めて指す場合もある。データベースには、次のようなものがある。リレーショナルデータベース(RDB)キーバリューストア型(KVS)ディレクトリサービスリレーショナルデータベース(RDB)データの集合体を「行」と「列」を用いた表の形で表す。表形式である特徴を活かして数学的な演算にもとづいてデータ操作や集...

ネットワークに関する情報・用語まとめ先頭へ