よくある質問・用語集

サーバー構築のデージーネットTOP > よくある質問・用語集 > 用語集 > ネットワーク(3/4)

ネットワーク(3/4)

ネットワークの情報ページです。

3/4ページ

WWWサーバとは | OSSでのシステム構築・デージーネット
WWWサーバとは、WEBブラウザ等のクライアントとHTTPによるデータの送受信を行うソフトウェアである。最初に開発されたWWWサーバはCERN(欧州原子核研究機構)が開発したCERN httpdである。このWWWサーバはWWWの仕組みを考えたTim Berners-Leeが中心となって開発を行なっていた。現在では、WWWサーバのデファクトスタンダードとしてApache HTTP Serverが知...

暗号化とは | OSSでのシステム構築・デージーネット
暗号化とは、特定の情報を第三者が解釈できない形式に変換することである。暗号化を行う前の情報を「平文」、暗号化された情報を平文に戻すことを「復号化」という。インターネット上でやりとりされる情報は暗号化しない限り、平文のままである。この場合、第三者がネットワークを流れるデータを参照することで、個人情報や機密情報などを奪取することが可能である。そのため情報の暗号化が必要となる。暗号化の方式として有名...

Captive Portalとは | OSSでのシステム構築・デージーネット
Captive Portalは、HTTPクライアントがインターネットを利用する前に、ネットワーク上の特定のWEBの参照(通常は認証目的で)を強制する技術です。Wi-Fiホットスポットの認証などで利用することができます。また、ホテル、マンション、ビジネスセンターのように、有線でアクセスを行なうような設備の認証用にも使うことができます。Captive Portalは、ユーザがブラウザを開いて、イン...

RADIUSプロキシとは | OSSでのシステム構築・デージーネット
RADIUSの認証やアカウンティングのリクエストを受け取り、それらのリクエストを他のRADIUSサーバに転送する機能。この機能を実装したサーバをRADIUSプロキシサーバと呼ぶ。一般的にRADIUSの認証ユーザ名をユーザ名@レルム(同じ認証を適用するグループ)の形式で指定し、レルムによってリクエストを転送するRADIUSサーバを決定する。RADIUSプロキシの利用用途複数のISP間でローミン...

プライベートクラウドとは | OSSでのシステム構築・デージーネット
プライベートクラウドとは、企業内や組織内で仮想環境を構築し、企業内や組織内部のクローズド環境向けに利用されるクラウドサービスの形態である。対義語としてパブリッククラウドという用語があり、こちらはインターネットを通じて企業や個人などの不特定多数が利用可能なクラウドサービスの形態である。パブリッククラウドサービスには、Amazon.comが提供しているAWS(Amazon Web Services)や...

Kea DHCP Serverとは | OSSでのシステム構築・デージーネット
Kea DHCP Serverとは、オープンソースのDHCPv4/DHCPv6サーバである。高い性能を提供すること、企業やサービスプロバイダで利用できるように拡張可能なDHCPサーバエンジンとすることを目的として開発された。

DNSとは | OSSでのシステム構築・デージーネット
デージーネット用語集:DNSとは、ホスト名からIPアドレスを求めたり、IPアドレスをもとにホスト名を求めたりするためのサービスである。Domain Name Systemの略称で、DNSプロトコルは、RFC1034、RFC...

DNSSECとは | OSSでのシステム構築・デージーネット
DNSSEC(DNS Security Extensions)は、DNSの拡張仕様である。DNSの情報に電子署名を付けることで、DNSのデータが正式な発行元のデータであることを検証できるようにする。

DNSサーバとは | OSSでのシステム構築・デージーネット
DNSサーバは、DNSに関するサービスを行うサーバの総称である。大きく分けて、DNSキャッシュサーバ、権威DNSサーバの2つの機能がある。以前は、この2つのサーバ機能を一台で行うことが多かった。そのため、単純にDNSサーバと一括りで呼んでいた。

Dynamic DNSとは | OSSでのシステム構築・デージーネット
Dynamic DNSとは、IPアドレスが動的に変わるホストの情報をDNSで扱うための仕組み。DNSサーバに対して、特定のリソースレコードの追加、削除などを依頼することで、動的に応答を変更できる。

ネットワークに関する情報・用語まとめ先頭へ