よくある質問・用語集

  • もっと調べる
  • どうやって使う?

RADIUSプロキシとは

RADIUSプロキシとは、RADIUSの認証やアカウンティングのリクエストを受け取り、それらのリクエストを他のRADIUSサーバに転送する機能である。この機能を実装したサーバをRADIUSプロキシサーバと呼ぶ。一般的にRADIUSの認証ユーザ名をユーザ名@レルム(同じ認証を適用するグループ)の形式で指定し、レルムによってリクエストを転送するRADIUSサーバを決定する。

RADIUSプロキシの利用用途

複数のISP間でローミングサービスを提供する場合にRADIUSプロキシを利用することがある。ローミングサービスの認証リクエストをRADIUSプロキシが受け取り、レルムによってISPを識別して、該当するISPのRADIUSサーバにリクエストを転送する。

RADIUSプロキシの構成

オープンソースソフトウェアのFreeRADIUSは、RADIUSプロキシの機能が実装されている。FreeRADIUSを使用すれば、ローミングサービスに対応したRADIUSサーバを構築することができる。FreeRADIUSでRADIUSプロキシサーバを作る場合でも、転送先のRADIUSサーバがFreeRADIUSである必要はない。RADIUSプロトコルに準拠したサーバであれば連携ができる。新たにローミングサービスを開始する時、フロントエンドのRADIUSプロキシにはFreeRADIUSを使用し、バックエンドは既存RADIUSサーバという構成が可能であるため、既存資産を有効利用したままローミングサービスを提供できる。

【カテゴリ】:認証  ネットワーク  

  • もっと調べる
  • どうやって使う?

【Webセミナー】PPAPの廃止へ、オンラインストレージ「Nextcloud」を利用したPPAP方式に代わるセキュリティ対策

日程: 4月22日(木)Webセミナー「BigBlueButton」を使用します。
内容: パスワード付きZIPファイルのメール送信(PPAP)の代替となるオンラインストレージ「Nextcloud」と添付ファイル安全化の「SaMMA」をご紹介します。
ご興味のあるかたはぜひご参加ください。

セミナー申込

関連用語

RADIUSプロキシに関連するページ(事例など)

RADIUSプロキシとは先頭へ