よくある質問・用語集

サーバ構築のデージーネットTOP > OSS情報 > よくある質問・用語集 > 用語集 > ボンディングとは

  • もっと調べる
  • どうやって使う?

ボンディングとは

ボンディング(bonding)とは、複数のネットワークインタフェースを束ねて冗長化したり、スループットの向上を図ることである。ネットワークチーミングと呼ばれることもある。

ボンディングを利用することで、ネットワークインタフェースの物理的故障や、接続するネットワークスイッチの障害に対して冗長性が取られるので、サービス継続性を向上できる。 こういった機能が有効に活用できるシーンとして、サービス停止ができないサーバに利用することがあげられる。このようなサーバは、サーバそのものの冗長化にあわせて、ネットワーク機器や回線の冗長化も求められるが、ボンディングによるインタフェース冗長化もその一つである。

Linuxでは標準で利用できる技術となっており、ハードウェアが用意できれば利用することができる。最近のサーバ用途のハードウェアでは、NICを複数持っているものが多いが、サーバハードウェア内でコントローラが共通の場合があるので注意が必要である。この場合は、コントローラの故障で双方のNICの通信ができなくなる可能性があり、せっかくの冗長化が無駄になる。より安全に利用するためには、NICコントローラが異なるポートを利用するのが良い。

【カテゴリ】:ネットワーク  Linux関連技術  

オープンソースで大量ログデータの統合管理
〜ログ管理OSS「Graylog」のご紹介〜

日程: 1月16日(木)デージーネット東京営業所
1月24日(金)デージーネット本社
内容: 大量のログファイルを収集しても、事件・事故が発生したときにログデータを活用できていない、もっとログデータをわかりやすく管理したいなどの悩みを解決する大量ログデータ統合管理のOSS「Graylog」についてご紹介いたします。
ご興味のあるかたはぜひご参加ください。

セミナー申込

  • もっと調べる
  • どうやって使う?

関連用語

ボンディングに関連するページ(事例など)

ボンディングとは先頭へ