よくある質問・用語集

サーバー構築のデージーネットTOP > よくある質問・用語集 > 用語集 > Linux関連技術(1/4)

Linux関連技術に関する情報・用語まとめ(1/4)

Linux関連技術の情報ページです。

1/4ページ

無料資料ダウンロード | OSSでのシステム構築・デージーネット

システムイメージバックアップ調査報告書

システムイメージバックアップとは、OS、アプリケーション、設定、データなどシステム全体を丸ごとバックアップする方法です。本書は、システムイメージバックアップが行えるオープンソースソフトウェアであるMondo Rescue、 Relax-and-Recover、 Clonezillaの3つのソフトウェアについて調査を行し、まとめたものです。

無料資料ダウンロード | OSSでのシステム構築・デージーネット

Dockerの紹介

RedHat Enterprise Linux 7/CentOS 7で利用できるDockerについての説明資料です。

無料資料ダウンロード | OSSでのシステム構築・デージーネット

FirewallD調査報告書

FirewallDは、Fedora 18から採用されたパケットフィルタリング管理ツールです。この資料は、実際のサーバ構築の現場で利用できるかを調査しまとめたものです。(本資料は、デージーネットの社員が社内研修で作成した資料です)

Fedora 17 (Beefy Miracle) | OSSでのシステム構築・デージーネット

Fedora 17 (Beefy Miracle)

2012年5月22日にFedora17がリリースされるようです!Beefy Miracle というコードネームどおり機能満載です。いくつかピックアップして紹介します。・デフォルトのファイルシステム (ext4) において 16 テラバイトより大きなファイルシステムをサポートします。・DNSSEC をサポートしています。エンドユーザーがDNSのSecurityを利用可能となります。

RHEL 7 | OSSでのシステム構築・デージーネット

RHEL7の計画

Red Hatのプラットフォーム事業部門バイスプレジデント兼ゼネラル・マネージャーのジム・トッテン氏が、RHELのリリース10周年に合わせて、2013年後半に「RHEL 7」をリリースする計画を発表しました。「RHEL 7」の詳細は明らかにしていませんが、2000以上のパッケージが改良され、新しいハードウェアのサポート、ファイル・システム、セキュリティ、パフォーマンスが重点分野になるとのことです。

Linux 3.5 | OSSでのシステム構築・デージーネット

Linux 3.5

Linus Torvalds氏は7月21日(米国時間)、Linuxカーネルの最新版である「Linux 3.5」を正式公開しました。下記のような様々な新機能や強化がされているようです。・ext4にメタデータチェックサム機能を追加・ユーザ空間向けのパフォーマンスプロファイリングツール「Uprobes」の導入・ネットワークキュー管理アルゴリズム「CoDel」の採用

Fedora18 アルファ版 | OSSでのシステム構築・デージーネット

Fedora18 アルファ版

Fedora Projectは9月18日、「Fedora 18(開発コード: Spherical Cow)」のアルファ版を公開しました。Fedora 18ではいくつもの新機能が予定されていますが、アルファ版の段階で実装されたものは以下です。・デフォルトファイアウォールにfirewalldを導入・クラウドではOpenShift Origin、Eucalyptus、OpenStack Folsomなどが利用可能に

Fedora 19 | OSSでのシステム構築・デージーネット

Fedora 19

当初の予定では11月初旬に正式版がリリースされるはずだったFedora 18は、開発スケジュールが大幅に後ろにずれ込んでおり公開されていません。しかし、先日新しいリリーススケジュールが発表され、1月8日が正式公開と決まったようです。 Fedora はこれまで年に2回、5月頃と11月頃にメジャーアップデートを実施してきました。

Ubuntu搭載スマートフォン | OSSでのシステム構築・デージーネット

Ubuntu搭載スマートフォン

1月2日、スマートフォン端末で稼働するネイティブ版のUbuntu OSが発表された模様です。Linuxディストリビューションがスマートフォンへ本格進出します!Ubuntu搭載スマートフォンは、ディスプレイ・キーボード・マウスを接続することにより、フル機能のデスクトップPCとしても使えるようです。

Fedora18 & CentOS 5.9 | OSSでのシステム構築・デージーネット

Fedora18 & CentOS 5.9

○ Fedora182013年1月15日、Fedora 18(開発コード: Spherical Cow)がようやくリリースされましたFedora 18では、Gnome 2 と近い使用感を持ったデスクトップ環境「Cinnamon」「Mate」がサポートされ、Gnome 3 に慣れないユーザーにも安心してお勧めできるものとなりました。また、Fedora インストールをアップグレードするための新しいツールである、Fedupが実装されました。

Linux関連技術に関する情報・用語まとめ先頭へ