よくある質問・用語集

Linux関連技術(1/5)

Linux関連技術の情報ページです。

1/5ページ

無料資料ダウンロード | OSSのデージーネット

システムイメージバックアップ調査報告書

システムイメージバックアップとは、OS、アプリケーション、設定、データなどシステム全体を丸ごとバックアップする方法です。本書は、システムイメージバックアップが行えるオープンソースソフトウェアであるMondo Rescue、 Relax-and-Recover、 Clonezillaの3つのソフトウェアについて調査を行し、まとめたものです。

無料資料ダウンロード | OSSのデージーネット

Dockerの紹介

RedHat Enterprise Linux 7/CentOS 7で利用できるDockerについての説明資料です。

無料資料ダウンロード | OSSのデージーネット

FirewallD調査報告書

FirewallDは、Fedora 18から採用されたパケットフィルタリング管理ツールです。この資料は、実際のサーバ構築の現場で利用できるかを調査しまとめたものです。(本資料は、デージーネットの社員が社内研修で作成した資料です)

無料資料ダウンロード | OSSのデージーネット

NFSv4調査報告書

NFSは、LinuxなどUNIX系のOSで利用されるファイル共有システムです。NFS プロトコルは、現在バージョン4 までがリリースされています。NFSv4は最も普及したプロトコルであるNFSv3の問題の解決を含む、いくつかの機能追加が行われています。本書は、NFSv4 についてのプロトコル・実装についての調査報告書です。

無料資料ダウンロード | OSSのデージーネット

AlmaLinux調査報告書

今までは、Red Hat Enterprise Linux(RHEL)のクローンOSとしては、CentOSがスタンダードでした。しかし、2020年12月8日に、CentOSプロジェクトがCentOS8のサポートを2021年12月末で終了することをアナウンスしました。本書は、Red Hat Enterpirse Linux 8のクローンOS「AlmaLinux 8」の調査報告書です。

無料資料ダウンロード | OSSのデージーネット

RockyLinux調査報告書

Rocky Linux は、CentOS8 のサポート終了に伴って開発が開始されたOS です。Rocky Linux は、Rocky Linux プロジェクトで開発が進められています。このプロジェクトは、CentOSプロジェクトの創始者であるKurtser gregory によって開始されました。Kurtser gregory は、Rocky Linux以外にもOSS のプロジェクトを持っており、それらのプロジェクトの資金提供・法的対応のため、「CtrlIQ」という会社を設立しています。本書は、Red Hat Enterpirse Linux 8 のクローンOS「Rocky Linux 8」の調査報告書です。

Fedora 17 (Beefy Miracle) | OSSのデージーネット

Fedora 17 (Beefy Miracle)

2012年5月22日にFedora17がリリースされるようです!Beefy Miracle というコードネームどおり機能満載です。いくつかピックアップして紹介します。・デフォルトのファイルシステム (ext4) において 16 テラバイトより大きなファイルシステムをサポートします。・DNSSEC をサポートしています。エンドユーザーがDNSのSecurityを利用可能となります。

RHEL 7 | OSSのデージーネット

RHEL7の計画

Red Hatのプラットフォーム事業部門バイスプレジデント兼ゼネラル・マネージャーのジム・トッテン氏が、RHELのリリース10周年に合わせて、2013年後半に「RHEL 7」をリリースする計画を発表しました。「RHEL 7」の詳細は明らかにしていませんが、2000以上のパッケージが改良され、新しいハードウェアのサポート、ファイル・システム、セキュリティ、パフォーマンスが重点分野になるとのことです。

Linux 3.5 | OSSのデージーネット

Linux 3.5

Linus Torvalds氏は7月21日(米国時間)、Linuxカーネルの最新版である「Linux 3.5」を正式公開しました。下記のような様々な新機能や強化がされているようです。・ext4にメタデータチェックサム機能を追加・ユーザ空間向けのパフォーマンスプロファイリングツール「Uprobes」の導入・ネットワークキュー管理アルゴリズム「CoDel」の採用

Fedora18 アルファ版 | OSSのデージーネット

Fedora18 アルファ版

Fedora Projectは9月18日、「Fedora 18(開発コード: Spherical Cow)」のアルファ版を公開しました。Fedora 18ではいくつもの新機能が予定されていますが、アルファ版の段階で実装されたものは以下です。・デフォルトファイアウォールにfirewalldを導入・クラウドではOpenShift Origin、Eucalyptus、OpenStack Folsomなどが利用可能に

Linux関連技術に関する情報・用語まとめ先頭へ