よくある質問・用語集

Linux関連技術(2/5)

Linux関連技術の情報ページです。

2/5ページ

Fedora 19 | OSSのデージーネット

Fedora 19

当初の予定では11月初旬に正式版がリリースされるはずだったFedora 18は、開発スケジュールが大幅に後ろにずれ込んでおり公開されていません。しかし、先日新しいリリーススケジュールが発表され、1月8日が正式公開と決まったようです。 Fedora はこれまで年に2回、5月頃と11月頃にメジャーアップデートを実施してきました。

Ubuntu搭載スマートフォン | OSSのデージーネット

Ubuntu搭載スマートフォン

1月2日、スマートフォン端末で稼働するネイティブ版のUbuntu OSが発表された模様です。Linuxディストリビューションがスマートフォンへ本格進出します!Ubuntu搭載スマートフォンは、ディスプレイ・キーボード・マウスを接続することにより、フル機能のデスクトップPCとしても使えるようです。

Fedora18 & CentOS 5.9 | OSSのデージーネット

Fedora18 & CentOS 5.9

○ Fedora182013年1月15日、Fedora 18(開発コード: Spherical Cow)がようやくリリースされましたFedora 18では、Gnome 2 と近い使用感を持ったデスクトップ環境「Cinnamon」「Mate」がサポートされ、Gnome 3 に慣れないユーザーにも安心してお勧めできるものとなりました。また、Fedora インストールをアップグレードするための新しいツールである、Fedupが実装されました。

FirewallD | OSSのデージーネット

FirewallD

Fedora18から標準搭載されているFirewallDについて調査をしました。Linuxサーバを運用する際、多くの場合iptablesを使用しパケット制御を行っていると思います。iptablesにルールを追加した際、iptablesの再起動が必要となります。再起動をすることで、一時的にルールがない状態になる等の問題があります。

「CentOS」がRed Hatの正式プロジェクトに | OSSのデージーネット

「CentOS」がRed Hatの正式プロジェクトに

1月7日にRed HatとCentOS Projectから、CentOS ProjectをRed Hatの支援プロジェクトとして傘下に収めると発表がありました。CentOSはRed Hat Enterprise Linux(RHEL)と互換性を持つディストリビューションですが、本家のRed Hatが経済的に支援することで、CentOS Projectの安定性と発展を加速するとしています。

RHEL 7 | OSSのデージーネット

RHEL 7

2014年6月11日に、Red Hat Enterprise Linux 7(以下RHEL 7)がリリースされました。様々な機能が改良されたり、新機能が追加されたりしているようです。デージーネットマガジン2012年10月号では、Fedora18の話題を取り上げましたが、それが元になっている機能もありました。

CentOS 7 | OSSのデージーネット

CentOS 7

2014年7月7日に、CentOS 7がリリースされました!!2014年6月10日にRed Hat Enterprise Linux 7が公開されてから、1ヶ月ほどでのリリースとなりました。予想よりもリリースがかなり早いなと感じています。以前、記事として紹介しましたが、CentOS ProjectをRed Hatの支援プロジェクトとして運営されていますので、その影響かもしれません。

NetworkManagerを活用しよう | OSSのデージーネット

NetworkManagerを活用しよう

今回は、NetworkManagerについて紹介します。CentOS7から、ネットワーク管理のツールとしてNetworkManagerが標準になりました。皆さんは、NetworkManagerを活用していますか?つい直接ファイルを編集してしまう、知らない間に設定ファイルを書き換えられたりしてわずらわしい、あまり活用できていない、ということはないでしょうか。

RHELのクローンOS〜AlmaLinux〜 | OSSのデージーネット

RHELのクローンOS〜AlmaLinux〜

今回は新しいRed Hat Enterprise Linux(以下RHEL)クローンOS「AlmaLinux」について紹介します。2020年末、CentOSプロジェクトがCentOS8のサポートを2021年12月末で終了することをアナウンスしました。このため、多くのシステムで利用されていたCentOSは、今後は実質的に利用し続けることが困難になりました。

Androidとは | OSSのデージーネット
Androidは、携帯端末向けのLinuxベースのディストリビューションの一種で、無償で配布されているオープンソースソフトウェアである。数多くのスマートフォンで採用されている。Androidは、カーネルから携帯端末などで利用するアプリケーションを含めたパッケージとして提供される。アプリケーションは、Android上で動作する仮想マシンであるDalvikで動作するJavaにAndroid拡張...

Linux関連技術に関する情報・用語まとめ先頭へ