よくある質問・用語集

デージーネットTOP > よくある質問・用語集 > 用語集 > OpenStackとは

  • もっと調べる
  • どうやって使う?

OpenStackとは

OpenStackとは、クラウド基盤を構築するオープンソースソフトウェアです。KVMやXen、VMware ESXi、Hyper-Vといったハイパーバイザーと組み合わせ、IaaS(Infrastructure as a Service)やストレージサービスを提供するための仮想マシンやストレージ、ネットワークの管理機能を提供します。元々はRackspaceが自社開発で利用していた「Swift」と、NASAが開発していた「Nova」をオープンソース化したもので、現在は多くの利用者や企業がさまざまなコードを寄与することにより、継続的な機能拡張・改善が行われています。

OpenStackの特徴

OpenStackには、以下のような特徴があります。

  • ソースコードも開発体制もすべてオープンなソフトウェアである
  • クラウド環境構築に必要な仮想マシン、ストレージ、ネットワークリソース、ネットワーク構成などを統合的に管理する豊富な機能を備えている
  • 確固とした開発、ユーザコミュニティの運営体制
  • 主要なディストリビューションが標準搭載している(RedHat, SuSE, Ubuntu)
  • 豊富な事例

OpenStackは、複数のコンポーネントで構成されており、各コンポーネントが特定の機能を提供しています。そのため、利用目的に応じて必要な機能だけをインストールしたり、複数のサーバーに分割したりするなど、機能拡張がしやすい構成になっています。商用サービスでの利用は着実に進んでおり、今後、企業におけるプライベートクラウドでも積極的に使われるようになると予想されます。

OpenStackの適用分野

OpenStackは、設定ファイルやプロセスが多数存在し、内部構造が複雑になっているため導入は容易ではありません。しかし、機能拡張がしやすいため、自分好みにカスタマイズしたクラウド環境を構築する場合に適しています。反対に、開発環境として使うなど、単にクラウド環境を作って何かをしたい場合は、シンプルで導入がしやすいCloudStackが適しています。

【カテゴリ】:仮想基盤  オープンソースソフトウェア  

  • もっと調べる
  • どうやって使う?

関連用語

OpenStackに関連するページ(事例など)


デージーネット用語集のページです。「OpenStack」という用語と関連情報について説明します。「OpenStack」について情報を収集する際、サービスをご検討いただく際などに用語集ページをお役立てください。

OpenStackとは先頭へ