よくある質問・用語集

  • もっと調べる

PaaSとは

PaaSとは、Platform as a Serviceの略である。クラウドシステムにおける仮想マシン上にインストールされたOSをプラットフォームとして提供する。ユーザはPaaS上にミドルウェア、アプリケーションやコンテンツデータなどを自由に構築、利用できる。多くのPaaSでは、用途に応じたミドルウェア、開発ツールがプリインストールされたプラットフォームが提供されており、ユーザは目的に応じたミドルウェア、アプリケーションソフトウェアを導入して利用する。

PaaSはIaaS(単なる仮想プラットフォームを利用したサーバインフラ)とは違い、自由度の高いSaaS(Software as a Service)と考えると分かりやすい。利用方法としては、メールサービスや典型的なWebサービスの提供にはSaaSを、自社独自に開発したネットワークアプリケーションの提供や、自社独自の業務アプリケーションを利用する場合にPaaSを利用することが多い。

【カテゴリ】:仮想基盤  

  • もっと調べる

【Webセミナー】PPAPの廃止へ、オンラインストレージ「Nextcloud」を利用したPPAP方式に代わるセキュリティ対策

日程: 5月21日(金)Webセミナー「BigBlueButton」を使用します。
内容: パスワード付きZIPファイルのメール送信(PPAP)の代替となるオンラインストレージ「Nextcloud」と添付ファイル安全化の「SaMMA」をご紹介します。
ご興味のあるかたはぜひご参加ください。

セミナー申込

関連用語

PaaSに関連するページ(事例など)

PaaSとは先頭へ