よくある質問・用語集

サーバ構築のデージーネットTOP > OSS情報 > よくある質問・用語集 > 用語集 > PostgreSQLとは

  • もっと調べる
  • どうやって使う?

PostgreSQLとは

PostgreSQLとは、リレーショナルデータベースで、BSD Licenceの下で公開されているオープンソースソフトウェアである。その名称はIngresの後継を意味する「Post-Ingres」に由来している。PostgreSQL Global Development Groupという組織によって開発されている。

以前、PostgreSQLは動作速度についてはMySQLに敵わなかったが、現在までの開発によりMySQLは機能を拡張し、PostgreSQLはパフォーマンスを改善してきており、従来ほど両者の違いは鮮明ではなくなっている。世界的な利用状況はMySQLが圧倒しているが、近年日本国内ではPostgreSQLも広く使われるようになってきている。また、OSS-DBの試験にも採用されており、日本語の情報が多い。現在ではほとんどのLinuxディストリビューションで採用されている。

【カテゴリ】:データベース  オープンソースソフトウェア  

オープンソースで大量ログデータの統合管理
〜ログ管理OSS「Graylog」のご紹介〜

日程: 1月16日(木)デージーネット東京営業所
1月24日(金)デージーネット本社
内容: 大量のログファイルを収集しても、事件・事故が発生したときにログデータを活用できていない、もっとログデータをわかりやすく管理したいなどの悩みを解決する大量ログデータ統合管理のOSS「Graylog」についてご紹介いたします。
ご興味のあるかたはぜひご参加ください。

セミナー申込

  • もっと調べる
  • どうやって使う?

関連用語

PostgreSQLに関連するページ(事例など)

PostgreSQLとは先頭へ