よくある質問・用語集

  • どうやって使う?

Pleasanterとは

Pleasanter(プリザンター)とは、ローコード開発プラットフォームである。PleasanterはWebデータベースを構築することのできるオープンソースソフトウェア(OSS)で、株式会社インプリムが開発を行っている。Pleasanterはファイルサーバ、電子メール、エクセルで行われている業務をWeb化できるツールである。オープンソース版のライセンスは「AGPL」で公開されている。

Pleasanterの主な特徴

ここでは、Pleasanterの主な特徴を紹介する。

ノンプログラミングでWebデータベースを作成できる

Pleasanterでは、プログラミング言語の知識がない人でも、Web データベースを作成することができる。Pleasanterは、マウス等のGUIでの操作が多く、Webデータベースの作成を簡単に行うことができる。また、Pleasanterでは、ノンプログラミングでWebデータベースを作成できるので、システムの問題が起きても自分で変更・改善できる。

自由度の高いWebデータベースを作成することができる

Pleasanterでは、テンプレートをベースにCSS、Javascriptや拡張SQLを使ったカスタマイズができる。そのため、標準機能では実現できないグラフィカルなサイトやアプリを作成することが可能である。

複数の業務を集約・連携できる

PleasanterにはAPIがあり、APIを使うと様々な業務を集約・連携させる事ができる。APIとはソフトウェアとWebサービスをつなぐインターフェースである。このAPIを利用してPleasanterにデータを登録することができる。Linuxの場合、cron の仕組みを使って定期的にプログラムを実行し、外部のデータベースからデータを取得することができる。その後、Pleasanterで送られてきたデータを管理する。このように、PleasanterではAPIと連携して外部のデータベースを利用できるので、データ管理業務などの効率化や作業の省略化をすることができる。

アクセス権限の設定ができる

Pleasanterでは、組織・グループ・ユーザ単位でアクセス権限を設定できる。さらに、Pleasanterでは閲覧権限と更新権限も分けることができる。アクセス権限の管理は、個人情報の漏洩等を防ぐことができる。

Pleasanterの使用例

Pleasanterには、多くのテンプレートが付属していて、様々な業務で利用することができる。ここでは、そのいくつかの例を紹介する。

問合せフォームとの連携

企業ホームページの問合せフォームに入力された内容を API で連携し、Pleasanter に自動登録する。手作業で行っていた業務を自動化することにより業務の効率化が行える。

案件の管理

Pleasanterではファイルサーバのようにフォルダで階層を作成し、テーブル(表)で表示して管理することができる。案件等を エクセル・メール等で管理している場合は、Pleasanter を導入することで案件の一元管理ができ、大幅な業務管理の効率化を行うことができる。

Pleasanterの提供形態

Pleasanterにはオープンソース版とクラウドサービス版が存在する。オープンソース版のPleasanterは、無料で全機能を使うことができる。オープンソース版は、オンプレミス環境で運用できる。しかし、オープンソース版のPleasanterを稼働させるためのOS、データべース、ネットワークなどのインフラが必要である。そのため、自分でサーバを構築するかクラウドプラットフォームにサーバを立てることが必要がある。細かくアクセス権限が設定できるため、Pleasanterは主に情報システム部やSIerに選ばれている。

  • オープンソース版のPleasanter

    オープンソース版のPleasanterは無料で利用できる。また、有償の「サポートサービス」も活用できる。企業におけるシステムの運用では、システム障害が起こった際に自社対応する必要がある。オープンソース版のPleasanterを利用する場合でも、有償のサポートを受けることで安心して利用できる。

  • クラウドサービス版のPleasanter

    Pleasanterにはネット上で利用できるクラウドサービスがある。このサービスを使えば、スピーディーな導入ができる。そのため業務に合わせたデータベースを素早く安価に作成できる。

デージネットの取り組み

デージーネットでは、Pleasanterを利用したシステムの構成に冗長構成を提案している。システム障害が発生した場合でも冗長化することによりシステムを止めることなく稼働させることができる。また、デージーネットは、Pleasanterを利用したシステムを構築・導入したお客様に、Open Smart Assistanceというシステムの導入後支援サービスを提供している。なお、Pleasanterのインストール等の詳細は Pleasanter調査報告書に掲載している。

  • どうやって使う?

【Webセミナー】様々なサービスに顔認証を導入できる『FaceAuth(フェイスオース)』紹介セミナー

日程: 11月26日(金) Webセミナー「BigBlueButton」を使用します。
内容: 今回は、弊社が提供する顔認証システム『FaceAuth(フェイスオース)』についてご紹介します。
ご興味のあるかたはぜひご参加ください。

セミナー申込

関連用語

Pleasanterに関連するページ(事例など)

Pleasanterとは先頭へ