よくある質問・用語集

サーバー構築のデージーネットTOP > OSS情報 > よくある質問・用語集 > 用語集 > Tomcatとは

  • もっと調べる

Tomcatとは

Tomcatは、Javaを使ってアプリケーションサーバを構築するためのソフトウェアである。正式な名称はApache Tomcatで、Apache Software Foundationが開発・管理をしているオープンソースソフトウェアである。

JavaサーブレットとJSP

Javaを使ってアプリケーションサーバを構築する技術としては、JavaサーブレットとJSPが知られている。Tomcatは、JSPとJavaサーブレットのオフィシャルなリファレンス実装であり、事実上の標準である。Tomcatは、クライアントからのリクエストに応じて、適切なJavaサーブレットやJSPを呼び出すサーブレットコンテナとして動作する。

Javaサーブレットは、Webページを動的に生成する個別のJavaプログラムである。一方、JSPは、HTML内にJavaコードを埋め込み、動的にWebページを生成する技術である。Tomcatのサーブレットコンテナは、JSPをJavaサーブレットに変換して実行することができる。

Apacheとの連携

Tomcatは、静的なHTMLや画像なども扱える完全なWebサーバとして動作する。しかし、一般的なWebサイトでは、HTMLや画像などの静的なコンテンツが多く、それをJava VM中で動作するTomcatが処理するのは非効率である。そのため、静的なHTMLや画像などは、ApacheなどのWebサーバが処理し、動的にページを生成する場合のみTomcatが処理するようにするのが一般的である。このように、ApacheとTomcatを併用する場合には、リクエストをApacheが受付け、動的処理の場合にはTomcatに処理を振り分ける。この処理は、mod_proxy_ajpなどのApacheモジュールが担当する。そのため、このようなApacheモジュールをTomcatコネクタと呼ぶ。

Tomcatのバージョン

JavaサーブレットやJSPの仕様は、定期的に見直しが行われている。そのため、仕様の更新に合わせてTomcatもバージョンアップする。例えば、Tomcat 7.0版では、Java Servlet Specificationの3.0版、JSP Specificationの2.2版に対応している。その後にリリースされたTomcat 8.0版は、Java Servlet Specification 3.1版、JSP Specificationの2.3版に対応している。

【カテゴリ】:開発言語  システム開発  オープンソースソフトウェア  

  • もっと調べる

関連用語

Tomcatに関連するページ(事例など)


デージーネット用語集のページです。「Tomcat」という用語と関連情報について説明します。「Tomcat」について情報を収集する際、サービスをご検討いただく際などに用語集ページをお役立てください。

Tomcatとは先頭へ