オープンソース

サーバー構築のデージーネットTOP > OSS情報 > デージーネットのOSS > DHCPadmin

next up previous contents
Next: この文書について... Up: DHCPadmin Previous: 5. 使い方


6. 設定詳細(web.conf)

web.confには、表[*]の項目を設定します。


表: web.conf項目解説
項目 解説 デフォルト値
DhcpdConfPath dhcpd.confのパスを指定します。 /etc/dhcp/dhcpd.conf
Dhcpd6ConfPath dhcpd6.confのパスを指定します。 /etc/dhcp/dhcpd6.conf
DhcpdLeasesPath dhcpdのリース情報ファイルのパスを指定します。 /var/lib/dhcpd/dhcpd.leases
Dhcpd6LeasesPath dhcpd6のリース情報ファイルのパスを指定します。 /var/lib/dhcpd/dhcpd6.leases
LockTime ログインの有効期限を秒単位で指定します。指定された期間更新がないログインは無効になります。 600
LeasesListNum 貸出情報検索画面での検索結果の表示件数を指定します。 20
DefLeaseTime IPv4, IPv6サブネット情報登録時の標準のリース時間のデフォルト値を、秒単位で指定します。 指定した場合、指定した値が入力欄に表示され、指定しない場合は空欄として表示されます。 (設定無し)
DefMaxLeaseTime IPv4, IPv6サブネット情報登録時の最大リース時間のデフォルト値を、秒単位で指定します。 指定した場合、指定した値が入力欄に表示され、指定しない場合は空欄として表示されます。 (設定無し)
DhcpdRestartCom(必須) DHCPadminの設定適用画面で、[再起動]ボタンをクリックした時に使用される、DHCPサービスの再起動コマンドを絶対パスで指定します。 (設定無し)
Dhcpd6RestartCom (必須) IPv6設定適用画面の [再起動] ボタンについて、上記と同様の目的で使用されます。 (設定無し)
DhcpdCheckCom(必須) DHCPadminの設定適用画面を表示する際、及び[状態確認]ボタンをクリックした時に使用される、DHCPサービスの状態チェックコマンドを絶対パスで指定します。 (設定無し)
Dhcpd6CheckCom(必須) IPv6設定適用画面の表示及び[状態確認]ボタンについて、上記と同様の目的で使用されます。 (設定無し)
DhcpdConfTestCom(必須) DHCPadminの設定適用画面で、[再起動]ボタンをクリックした時に使用される、dhcpd.confの書式チェックコマンドを絶対パスで指定します。 (設定無し)
Dhcpd6ConfTestCom IPv6設定適用画面の [再起動] ボタンについて、上記と同様の目的で使用されます。 (設定無し)

web.confの設定例は以下になります。
RHEL7の場合、systemctlを使用するためDHCPサービスコマンドの設定が異なります。


表: web.conf設定例 (RHEL7以前の場合)
 :
[dhcpadmin]
DhcpdConfPath=/usr/local/postldapadmin/etc/dhcp/dhcpd.conf
Dhcpd6ConfPath=/usr/local/postldapadmin/etc/dhcp/dhcpd6.conf
DhcpdLeasesPath=/var/lib/dhcpd/dhcpd.leases
Dhcpd6LeasesPath=/var/lib/dhcpd/dhcpd6.leases
LockTime=600
LeasesListNum=20
DefLeaseTime=21600
DefMaxLeaseTime=43200
DhcpdRestartCom=/usr/bin/sudo /etc/init.d/dhcpd restart
Dhcpd6RestartCom=/usr/bin/sudo /etc/init.d/dhcpd6 restart
DhcpdCheckCom=/usr/bin/sudo /etc/init.d/dhcpd status
Dhcpd6CheckCom=/usr/bin/sudo /etc/init.d/dhcpd6 status
DhcpdConfTestCom=/usr/bin/sudo /etc/init.d/dhcpd configtest
Dhcpd6ConfTestCom=/usr/bin/sudo /etc/init.d/dhcpd6 configtest
 :


表: web.conf設定例 (RHEL7の場合)
 :
[dhcpadmin]
DhcpdConfPath=/usr/local/postldapadmin/etc/dhcp/dhcpd.conf
Dhcpd6ConfPath=/usr/local/postldapadmin/etc/dhcp/dhcpd6.conf
DhcpdLeasesPath=/var/lib/dhcpd/dhcpd.leases
Dhcpd6LeasesPath=/var/lib/dhcpd/dhcpd6.leases
LockTime=600
LeasesListNum=20
DefDomain=domainname
DefLeaseTime=21600
DefMaxLeaseTime=43200
DhcpdRestartCom=/usr/bin/sudo /usr/bin/systemctl restart dhcpd
Dhcpd6RestartCom=/usr/bin/sudo /usr/bin/systemctl restart dhcpd6
DhcpdCheckCom=/usr/bin/sudo /usr/bin/systemctl status dhcpd
Dhcpd6CheckCom=/usr/bin/sudo /usr/bin/systemctl status dhcpd6
DhcpdConfTestCom=/usr/bin/sudo /usr/sbin/dhcpd -cf /etc/dhcp/dhcpd.conf -t
Dhcpd6ConfTestCom=/usr/bin/sudo /usr/sbin/dhcpd -6 -cf /etc/dhcp/dhcpd6.conf -t
 :


next up previous contents
Next: この文書について... Up: DHCPadmin Previous: 5. 使い方
2016年12月14日