オープンソース

サーバー構築のデージーネットTOP > OSS情報 > デージーネットのOSS > MEDACA

next up previous contents
Next: 3. インストール Up: MEDACA Previous: 1. MEDACAとは


2. 準備

本章では、次のことを解説します。

  • 事前に用意しておくソフトウェア
  • 決めておかなくてはならないこと
  • 設定概要

2.1 事前に用意しておくソフトウェア

MEDACAを利用するためには、以下のソフトウェアが必要です。 MEDACAの設定を行う前にインストールしておく必要があります。

  • LDAPサーバ
  • Webサーバ
  • PHP5.3(PEAR、LDAP、mbstring、XML機能をサポートしている必要があります)
  • SavreDAV-1.8.0

本書では、CentOS6の環境、 LDAPサーバにOpenLDAP、WebサーバにApacheを利用することを前提に解説します。

2.2 決めておかなくてはならないこと

MEDACAのインストールの前に、下記の表の項目を決定しておいてください。本書では、設定例の項目に挙げた値を設定することを前提として解説します。


表: 決めておかなくてはならないこと
項目 解説 設定例
ログファイル MEDACAが出力するログファイル /var/log/medaca.log
LDAPバインドDN LDAPのバインドDN cn=Manager,dc=designet,dc=jp
LDAPバインドパスワード LDAPのバインドパスワード secret
LDAPベースDN LDAPサーバの検索を開始するDN ou=calendar,dc=designet,dc=jp
SabreDAVインストールディレクトリ SabreDAVをインストールするディレクトリ /usr/local/lib

2.3 設定概要

MEDACAを導入するには、下記の手順で設定を行ってください。

  1. SabreDAVインストール
  2. Dg_Commonのpearインストール
  3. Dg_LDAPのpearインストール
  4. MEDACAの入手と展開
  5. LDAPサーバの設定
  6. MEDACAの設定
  7. Webサーバの設定
  8. syslogの設定


next up previous contents
Next: 3. インストール Up: MEDACA Previous: 1. MEDACAとは
2016年12月13日