オープンソース

一覧へ

5. Appendix

5.1. SaMMAがサポートするMTA

サポートしているMTAの設定は下記を参照してください。

5.2. 添付ファイル名に外字を使用する場合

添付ファイル名に外字を使用する場合、暗号化したファイルのファイル名が文字化けしてしまうことがあります。 その場合は、以下のように文字コード変換を行う設定をSaMMAの起動スクリプトで行ってください。

5.2.1. iconvのインストール

libiconvのソースパッケージを以下のURLから入手してください。

https://ja.osdn.net/dl/samma/libiconv-1.12-1.src.rpm

libiconvのソースパッケージをダウンロードしたら、環境に合わせてRPMパッケージを作成してください。 上記のURLのlibiconvソースパッケージでは、/usr/loca/samma配下にインストールされます。

5.2.2. SaMMA起動スクリプトの作成

libiconvをインストールしたら、SaMMAの起動スクリプトを作成してください。

次は、SaMMAのインストールディレクトリが/usr/localの時に、SaMMAの起動スクリプトを/usr/local/bin/sammainitとして作成した場合の例です。

SaMMA起動スクリプトの例(/usr/local/bin/sammainit)
 #!/bin/sh

 export LD_LIBRARY_PATH=/usr/local/samma/lib
 export LD_PRELOAD=/usr/local/samma/lib/preloadable_libiconv.so
 export CHARSET_ALIAS="Shift_JIS=CP932:EUC-JP=EUC-JP-MS:ISO-2022-JP=ISO-2022-JP-MS"

 /usr/local/bin/samma

この起動スクリプトでは、CHARSET_ALIAS環境変数を使用して、CP932、EUC-JP-MS、ISO-2022-JP-MSの変換を可能にしています。

SaMMA起動スクリプトを作成したら、SaMMAを再起動します。
SaMMAをinittabから起動している場合は、/etc/inittabの設定を変更します。

/etc/inittabの設定例
 ml:345:respawn:/usr/local/bin/sammainit
設定後、init qコマンドで設定を反映してください。
設定を反映したら、現在起動しているSaMMAのプロセスをkillコマンドで停止してください。SaMMAが再起動します。
一覧へ