オープンソース

一覧へ

6. SaMMAadmin リリースノート

[2020/12/02] SaMMAadmin バージョン3.07をリリース

6.1. 3.07 (2020/12/02)

[New]: CentOS8/RHEL8に対応しました。

6.2. 3.04 (2018/02/26)

[New]: 管理者用受信者設定において、暗号化ZIP変換後のファイル名の拡張子を受信者ドメイン/メールアドレスごとに指定できるようになりました。

[Fix]: 管理者用受信者設定一覧画面・ユーザの受信者設定変更画面、ユーザ用暗号化設定一覧画面において、誤字の修正を行いました。(内部ドメイン → 受信者ドメイン)

6.3. 3.03 (2017/09/06)

[Fix]: 日本語表示に関する不具合を修正しました。

6.4. 3.02 (2017/08/23)

[New]: 各画面のデザインを変更しました。 テンプレートファイルのhtmlを変更し、全ての画面のデザインを変更しました。

6.5. 3.01 (2017/02/28)

[New]: 下記の画面でログアウトができない不具合を改修しました。 ・管理者用ユーザの受信者設定一覧画面 ・管理者用ユーザの受信者設定追加画面 ・管理者用ユーザの受信者設定変更画面

6.6. 3.00 (2015/11/02)

[New]: PHP5.4に対応しました。(htmlspecialcharsの引数を明示的に指定するように修正) [New]: テンプレートファイルに<table>を多用していましたが<div>を使用するように変更することで最適化しました。 [Fix]: 管理者用設定ファイル編集画面での「ファイル名変換文字コード」項目を選択し、実行した際にSAMMA設定適用に失敗するエラーを修正しました。 [Fix]: 管理者用ユーザ検索画面でのラジオボタンを選択せずに削除ボタンを押した際に、不正なメッセージが表示されるエラーを修正しました。

6.7. 2.00 (2013/12/11)

[New]: postLDAPadminの表示機能に合わせてテンプレートファイルの追加と画面表示部分の変更しました。

SaMMAadmin 2.00以前のバージョンを使用している方は、postLDAPadmin 3.00以上の バージョンと併せて再インストールが必要です。 設定ファイル(web.conf,tab.conf)は互換性があります。

一覧へ