オープンソース

CentOS8の代替えOS〜AlmaLinux〜

今までRed Hat Enterprise Linux(RHEL)のクローンOSとしては、CentOSがスタンダードでした。しかし、2020年12月8日に、CentOSプロジェクトがCentOS8のサポートを2021年12月末で終了することをアナウンスしました。また同時にCentOSプロジェクトは、CentOS Streamと呼ばれるRHELの開発版に位置づけられるOSに注力していくことになりました。CentOS Streamは、完全なRHELクローンではなく、安定性に疑問が残るOSでした。このため、多くのシステムで利用されていたCentOSは、今後は実質的に利用し続けることが困難になりました。この流れを受けて、新しいRHELクローンの開発プロジェクトがいくつか発足しました。AlmaLinuxはその中の1つです。複数のプロジェクトが発足する中で、AlmaLinuxは他のプロジェクトと違い一足早く、2021年3月30日に正式版がリリースされました。ここでは、AlmaLinuxの特徴について解説します。

AlmaLinuxとは

AlmaLinuxは、無料で利用可能なRHELクローンでCloudLinux Inc.という企業が母体になって開始されたプロジェクトです。CloudLinux Inc.は、既にRHEL/CentOS互換のCloudLinux OSを提供している実績のある安定した企業です。この知見を活かしてAlmaLinuxの開発を行っています。ただし、CloudLinux Inc.はスポンサーの立場で、AlmaLinuxは独立したコミュニティによって開発されていると表明されています。AlmaLinuxは、RHELと1対1のバイナリ互換のOSであること、オープンソースであること、使用制限がないこと、AlmaLinux8を2029年までサポート管理することを目指しています。

ログイン画面

AlmaLinuxの特徴

AlmaLinuxの特徴は以下になります。

AlmaLinuxの使用感

RHELのクローンとして開発されているため、RHELやCentOSと全く同じように利用が可能です。全く同じであることが求められるOSであるため、その事実に価値があると考えることもできます。

インストール画面

CentOSと同等以上のパッケージ提供速度

多くのユーザーが懸念するセキュリティアップデートの公開時期については、CentOSと比較して遜色ない速度で提供が行われていました。特に正式リリースから1ヶ月経過した5月の段階では、CentOSよりも早くリリースが行われているパッケージも存在しているケースもありました。さらにCentOSでは提供されていないセキュリティ情報(updateinfo.xml)の提供も行われているため、この点ではCentOSより便利に利用することができます。

AlmaLinuxプロジェクトの円滑な運営

AlmaLinuxプロジェクトは2021年に入ってから始まった新たなプロジェクトです。このような振興プロジェクトは、プロジェクト体制が整うまでリリースの遅れなど発生するケースがあります。CentOSプロジェクトも運営として長年継続しているなかで、CentOS6から7や、7から8などメジャーバージョンアップに際しては、混乱や遅延が見られました。この点、AlmaLinuxに関しては正式リリースから1ヶ月(2021年5月調査時点)ですが、CentOSと同等のパッケージ提供速度を維持しています。これは母体であるCloudLinux Inc.の知見や技術を活かしきって運営ができているという見方もできます。ただし、このリリース速度が今後、維持できているかは継続して観察していく必要があります。

CentOS8からの移行が可能

比較的複雑な構成のCentOS8サーバからAlmaLinuxへの移行を検証した結果、1時間以内に移行が完了し、問題にあたる部分も見当たりませんでした。今回の検証では、CentOSのディストリビューションで提供されていないソフトウェア・カーネルモジュールも動作させた状態で検証を行いましたが、その点も問題もありませんでした。全てのソフトウェアや全ての構成で全く問題が出ないとは言えませんが、一定の安定性があることを確認することができました。

AlmaLinux環境情報

AlmaLinuxのリポジトリは、2021年5月12日現在、既に33ヶ国に存在しています。日本でも8件のミラーサイトが存在しています。yumコマンドでもミラーサイトを自動探査するようになっているため、場所などに応じて最速のミラーを使うことができます。

リポジトリ画面

yumによるセキュリティ情報確認

AlmaLinuxでは、yumリポジトリでソフトウェアのアップデート情報(updateinfo.xml)が提供されています。これによりyumコマンドで、パッケージ毎のセキュリティ情報を確認できたり、脆弱性のレベルによって選択的にセキュリティアップデートができます。

バージョンのリリースやアップデート情報

RHELは定期的にマイナーバージョンが上がっていきます。現在RHEL8.4がリリースされています。過去、CentOSもこのマイナーバージョンリリースに合わせてバージョンが上がっていきましたが、マイナーバージョンアップの時期にタイムラグがありました。AlmaLinuxも同様な状態が想定されていましたが、AlmaLinuxもすでに8.4がリリースされました。タイムラグがあまりなく比較的はやくリリースされていることがわかります。

またAlmaLinuxでは、サイト内でアップデートに関する情報の通知が行われています。まだサイトは、情報が記載されたHTMLがWebページに配置されているだけの状態ですが、バグフィックスやセキュリティアップデートに関するまとまった情報が存在するため、セキュリティ情報の確認はCentOSよりも行いやすくなっています。

AlmaLinuxとCentOS代替OSの今後

AlmaLinuxの他にもRHELのクローンOSとして提供されているOSはいくつか存在します。

  • Oracle Linux

    Oracle社が提供しているRHELをベースとしたLinuxディストリビューション

  • Amazon Linux

    AWS用に提供されているLinuxディストリビューションでオンプレミスでも利用が可能

  • Rockey Linux

    AlmaLinux同様、2021年に現れたRHELをベースとしたLinuxディストリビューションで、CentOSプロジェクトの創始者が発足したプロジェクトで運営している。2021年4月にRC版をリリース

その他、RHELをベースに作られているOSは複数存在します。これらのOSを大別すると以下の2種類に分けられます。

  • 企業が主体で開発されているOS
  • コミュニティベースで開発されているOS

Oracle LinuxやAmazon Linuxは企業が開発されているOSです。CentOSが終了した背景に、Red Hat/IBMの意向が強く影響していると言われているため、CentOSからの乗り換え先のOSとして、コミュニティベースであることが重要視されています。AlmaLinuxはコミュニティベースを謳っているものの、背後にCloudLinux Inc.がスポンサーとして存在しています。この観点から、Rockey LinuxがCentOS代替OSとして有力という見方もあります。ただしRockey LinuxはまだRC版の状態のため、AlmaLinuxより出遅れています。またコミュニティベースとはいえ、スポンサーがついていることに変わりはありません。今後大手のスポンサーが付いたりした場合に、コミュニティの動向が左右される可能性はあります。

このため、コミュニティベースを謳っているという点で大きな差はないと考えられます。今後はAlmaLinuxかRockey Linuxもしくは両方のOSが利用されていく流れになるかもしれません。現状はAlmaLinuxが正式リリースを行い、各国でのソフトウェアリポジトリの展開、AWSでのイメージ提供なども精力的に行っている状態です。一方でRockey Linuxは、正式リリースの時期が未発表の段階です。CentOSユーザが2021年末までに、OSの切り替えを行わなければいけない事実を考えた場合、遅くとも2021年7~8月までには切り替え方針を決定して、コスト・リソースの算定を行っておく必要があります。つまり、状況的にAlmaLinuxが優勢であり、Rockey Linuxが採用される可能性が低くなることが考えられますRockey Linuxが正式リリースされるまでに大勢が決してしまう可能性もあります。

デージーネットの取り組み

本調査によりAlmaLinuxが一定の安定性や安心感のあるOSであることがわかりました。またCentOS8からの乗り換えも比較的容易に行えることがわかりました。まだAlmaLinuxのプロジェクト運営やパッケージリリースの速度を継続して観察する必要はありますが、乗り換え先のOSとして有力候補であることは明確になりました。今後は、Rockey Linuxの正式版リリース時に注目し同様の検証を行い、比較を行っていきたいと考えています。

「関連情報の一覧」

AlmaLinux調査報告書

無料資料ダウンロード

CentOSプロジェクトがCentOS8のサポートを2021年12月末で終了することをアナウンスしました。本書は、Red Hat Enterpirse Linux 8のクローンOS「AlmaLinux 8」の調査報告書です。

デモのお申込み

もっと使い方が知りたい方へ
操作方法や操作性をデモにてご確認いただけます。使い方のイメージを把握したい、使えるか判断したい場合にご活用下さい。デモをご希望の方は、下記よりお申込みいただけます。

デモをご希望の方

デモの申し込みイメージ

CentOS8の代替えOS〜AlmaLinux〜の先頭へ