オープンソース

Top

4. Apache GuacamoleからWindows PCへのRDP接続設定例

本章では、Apache GuacamoleからRDP(リモートデスクトップ)接続を行うための設定例を紹介します。

4.1. RDP接続想定

ここでは、業務で利用しているWindwosPCにApache GuacamoleからRDP接続を行う想定で設定を行います。

  • 接続先 : Windows PC
  • 接続方法:リモートデスクトップ
  • 接続先へのログイン方法:各ユーザでグラフィカルログイン
  • 最大接続数:20
  • その他の条件
    • リモートデスクトップでのコピーペースト:許可しない
    • 帯域幅の使用量は抑えるようにする
    • 画面操作を記録する

4.2. 設定値

以下は接続想定を踏まえた、RDP接続の設定例です。

RDP接続設定例
項目名 設定例
名前 Windows_PC
ロケーション ROOT
プロトコル RDP
最大接続数 20
ユーザごとの最大接続数 2
ネットワークホスト名 winpc_dg
ネットワークポート 3389
キーボードレイアウト Japanese(Qwerty)
Time zone Asia Tokyo
ディスプレイ幅 1280
ディスプレイ高さ 720
カラー深度 Lowカラー(16ビット)
サイズ変更方法 再接続
リモートデスクトップからのコピーを無効化 チェック
クライアントからの貼り付けを無効化 チェック
ログ保存ディレクトリ /var/log/guacd/${GUAC_USERNAME}/
ログファイル名 ${GUAC_DATE}_${GUAC_TIME}.log
ログの保存ディレクトリを自動的に作成する チェック

Apache Guacamoleの帯域幅の使用量を抑える工夫として、ディスプレイをHD(1280×720)に指定しています。

また、カラー深度は通常のデスクトップマシンとしての利用可能な最小値16bitカラーに設定しています。

4.3. 接続確認

Apache Guacamoleで接続を追加すると、以下のように一覧に表示されます。

_images/win.png

管理者インタフェースのホーム画面に移動すると全ての接続情報に追加した Windows_PC が表示されます。

_images/win2.png

接続情報をクリックすることで、追加した接続先に接続することが可能となります。

_images/windg2.png

また、画面操作の記録は以下のように保存されます。

# ll /var/log/guacd/guacadmin/
合計 1416
-rw-------. 1 root root 1449663 12月 16 11:25 20201216_112347.log

ログとして保存されているため、動画で確認するためには動画ファイルへ変換する必要があります。

動画変換と確認方法については 操作録画の確認方法 を参照してください。

Top