システム構築

構築事例:教員向けリモートデスクトップ環境の導入

Open Smart Design

教育機関で手元のコンピュータからリモートでデスクトップの環境を操作するシステムを構築しました。コロナウイルスが流行し、新しい生活様式が広がる中、学校の授業もすべてリモートで行われるようになりました。お客様からは、教員のリモートワーク環境を整えたいとのことで依頼を受けました。 ここでは、リモートデスクトップ環境の導入事例を紹介します。

お客様が悩まれていた課題
教師のコンピュータにリモートワーク環境の整備ができていない
複数台構築で400名の接続を可能にしたいが、ユーザから見えるフロントエンドのWebUIが複数ある状況は面倒
誰がいつ接続したかなどの項目を把握できていない
+導入企業プロフィール
導入企業業種

教育

ユーザー規模

400人

利用OS

RedHat Enterprise Linux 8

導入月

2021 年3月

デージーネットが提案した「教員向けリモートデスクトップ環境の導入」

アイコン男性

解決ポイント

Apache Guacamoleを利用したリモートデスクトップ環境の構築

リモート接続するために、Apache GuacamoleというリモートデスクトップのOSSを提案しインストールしました。Apache Guacamoleとは、リモートデスクトップやVNC、SSH、TELNETなど、コンピューターからリモートアクセスのゲートウェイとして動作の役割をするオープンソースソフトウェアです。ライセンスはApacheで公開されています。Apache GuacamoleをCentOSとRHELにインストールする場合には、EPELレポジトリからパッケージを入手可能です。また、DebianやUbuntuでも、パッケージからインストールすることができます。

サーバー2台を負荷分散構成、かつ冗長化で構築

導入する際にApache Guacamoleサーバ1台では400名以上の同時接続は帯域原因で頭打ちになるため、実現不可能でした。そこで弊社からは400名のデバイスの同時接続を実現するために、負荷分散構成を提案しました。しかし負荷分散構成だけだと、フロントのサーバ1台に障害が発生した時点で、全てのサーバが使えない状態になってしまうという懸念点がありました。そのため今回は、負荷分散構成に加えて、弊社が推奨しているHAクラスタによる冗長構成も追加で選択しました。この構成の変更により、1台のサーバに障害が起きても、200名までの接続はそのまま正常に確保できるようになりました。

ApacheGuacamole2の構成図

Apache GuacamoleのWebUIからアクセスログを確認する方法を提案

次に起動時に名前などのユーザのログイン情報を保存したいというクライアントのご要望に応じ、Apache GuacamoleのWebUIからログイン情報を取得する方法を提案しました。管理ツールからパスワードを入力してログインし、管理者権限の機能を用いることで、WebUIからセッション開始時間、利用期間やユーザー名、接続元などアカウントのログイン情報などの数種類の情報を検索、表示、チェックすることが有効になります。

400名分のユーザ設定を自動で行うツールを提案

スタート時、事前にお客様から組織のリソースを管理するためにActiveDirectoryLDAPは使えないという条件がありました。標準では指定された400名分の数のユーザ設定をPCから手打ちで行わなければならず、すべて終了するまで時間がかかるという懸念点がありました。その対応のため、弊社からは、オプションで弊社で作成した入力ツールを用いて自動的に400名分のユーザ設定を順に登録する方法を行いました。結果として、手打ちの作業よりも迅速にユーザのデータをまとめて登録することに成功しました。

Hawkを導入することでWebUI上での管理を可能にした

Hawkとは、PacemakerによるHAクラスタの管理GUIです。管理GUIからリソースやノードを確認することができます。また、Hawkのウェブインタフェースは、英語だけでなく、日本語にも対応しています。Hawkを導入することでWebUI上での管理を行えるようになりました。

Apache Guacamoleの負荷分散設定をお客様でも行えるように手順書化

Apache Guacamoleの負荷分散の設定をお客様でも安心して行えるようにという目的で、先に手順書を準備し、提供しました。実際に順にドキュメントの設定を参照しながらお客様へ説明を実施することで、お客様の理解も深まりました。

導入後の結果

アイコン女性

導入完了後、Apache Guacamoleサーバを通してリモートデスクトップへのアクセスが可能になりました。リモートワーク環境の整備ができたことで、自宅からの仕事も可能となり問題を解決することができました。またロードバランシングを用いることでそれぞれ片方にアクセスが偏らないよう、負荷分散をすることができました。最後に管理者はWeb画面の管理メニューをクリックすることでログイン情報を確認でき操作が簡単で便利になりました。

【Webセミナー】ファイルの管理やサイト内の検索に活用できる!全文検索のOSS「Fess」ご紹介セミナー

日程: 12月23日(木)Webセミナー「BigBlueButton」を使用します。
内容: 「欲しいファイルが見つからない…」「サイト内の検索を自社独自で行いたい」ということはありませんか?本セミナーでは、オープンソースを活用した課題解決方法をお伝えします。
ご興味のあるかたはぜひご参加ください。

セミナー申込

教員向けリモートデスクトップ環境の導入の関連ページ

社内サーバインフラの構築の事例一覧

デージーネットの構築サービスの流れ

デージーネットの構築サービス(Open Smart Design)では、OSSを安心して使っていただくために、独自の導入ステップを採用しています。詳しい情報は以下のリンクからご覧ください。


詳細情報ボタン

サービスの流れイメージ

様々な事例を集めたモデルプラン(費用例付き)をお送りしています。

代表的な事例を集めた「モデルプラン」をお送りしています。費用の例も記載しておりますので、価格感も知って頂ける資料となっております。
ご希望の方は、下記よりお申し込みください。


モデルプランをご希望の方

モデルプラン資料イメージ

各種費用についてのお問い合わせ

コンサルティング費用、設計費用、構築費用、運用費用、保守費用など、各種費用についてのお見積もりは以下のフォームよりお気軽にお問合せ下さい。


unboundやPowerDNSを使用したDNSサーバのモデルプランをご希望の方

全国対応イメージ

教員向けリモートデスクトップ環境の導入の先頭へ