オープンソース

サーバー構築のデージーネットTOP > OSS情報 > OSS紹介 > 統合ログ管理・監視のOSS~Graylog~ > Graylog日本語マニュアル

Top

17. プラグインを利用するには

17.1. プラグインについて

Graylogは、プラグインをインストールすることで機能を増やすことができます。 プラグインの例は次の通りです。

  • 受信できるログの形式やプロトコルを増やす
  • 送信できるログの形式やプロトコルを増やす
  • アラートの条件を追加
  • Grokのパターンを増やす

17.2. プラグインを探す

Graylogのプラグインは、Graylog Marketplaceから検索し、ダウンロードできます。:

https://marketplace.graylog.org/

17.3. プラグインを利用する

プラグインをダウンロードすると、多くの場合、jarファイルをpluginディレクトリに配置し、Graylogを再起動すると利用できるようになります。 詳しい利用方法はプラグインごとのマニュアルを参照してください。

Top

Graylog日本語マニュアル「17. プラグインを利用するには」の先頭へ