セミナー情報

サーバ構築のデージーネットTOP > セミナー情報 >セミナーバックナンバー > OSSの監視ツール、本当にZabbixだけでよいのか?監視ツール比較セミナー

OSSの監視ツール、本当にZabbixだけでよいのか?監視ツール比較セミナー

このセミナーの受付は終了いたしました。

監視ツールとしてよく利用されている「Zabbix」以外にもIcinga2やCactiなど、他のOSS監視ツールが適しているケースをご紹介します。

  • 人気が高いOSSの運用監視ツール、Zabbix

    OSSの運用監視ツールといえば、Zabbixが人気です。世界で30万以上インストールされており、国内だけで50社以上のパートナーがZabbixの導入をサポートしています。

  • 本当にZabbixだけでよいのか?

    しかし、システムの運用監視において、本当にZabbixだけでよいのでしょうか。そこにはリスクは無いのでしょうか。

  • Icinga2やCactiなど、他のOSS監視ツール

    例えば、Icinga2。
    監視種別の豊富さや美しいWEBインタフェースが特徴です。Zabbixとの比較では、Zabbixは非常に多機能ですが、設定時にWEBインタフェースの様々な画面を横断的に設定しなければいけないので、設定時に混乱を招きやすくなっていますし、コマンドライン上での設定は基本的にできません。
    また、SNMPを使用しサーバやネットワーク機器から取得した情報をグラフ化するソフトウェアの、CactiというOSSもあります。

  • 適切な監視ツールを選択するために

    本セミナーでは、Zabbixも含めて、CactiやIcinga2など複数のOSS監視ツールの特長を紹介し、どのようなケースでどのようなツールを使うべきか、解説します。

講習条件
  • これから監視システムを導入しようとしている企業の担当者/責任者
  • 取引先の監視システムの導入を支援する企業の担当者/責任者

セミナースケジュール

  • 15:00 ~ 15:30  受付
  • 15:30 ~ 16:30  OSSの監視ツール、本当にZabbixだけでよいのか?
  • 16:30 ~ 17:00  質疑応答

セミナー概要

日程
  • 名古屋
    2019年7月12日(金) 受付終了
会場
  • 株式会社デージーネット本社
    名古屋市名東区上社四丁目39-1
時間 15:30~17:00
講習費 無料
定員 20名
講師

お申し込み

参加をご希望の方は下記からお申し込みください。

このセミナーへの申し込みは終了いたしました。
このセミナーへ申し込む

    定員は20名となっております。定員になり次第、受付終了とさせていただきます。

セミナーについてやその他に関するご質問、お問い合わせはこちら

OSSの監視ツール、本当にZabbixだけでよいのか?監視ツール比較セミナー の先頭へ