システム構築

構築事例:Zabbixによる監視システム

Open Smart Design

オープンソースソフトウェアZabbixと独自開発の連携プログラムを組み合わせ、障害時に携帯電話へ音声で通知する監視システムを構築しました。

お客様が悩まれていた課題
ハードウェア老朽化により監視システムのリプレースを行いたい
監視設定をウェブインタフェースから行いたい
メール通知だけでなく外部の音声通知サービスと連携したい
+導入企業プロフィール
導入企業業種

ケーブルテレビ(岡山県)

ユーザー規模

30,000人

利用OS

Linux(Debian7)

導入月

2013年9月頃

デージーネットが提案した「Zabbixによる監視システム」

アイコン男性

解決ポイント

Zabbixと独自開発のプログラムを連動

Zabbixの導入

監視システムのリプレースをする際、設定をウェブインターフェースから行う事と障害時に特殊な通知方法を取る事が求められました。そこで、ウェブインタフェースで容易に設定ができるオープンソースソフトウェアのZabbixを導入しました。また、独自開発の監視プログラムを作成し、Zabbixと組み合わせて使用する方法を提案しました。

Zabbixを利用した監視システム

図のように、Zabbixを導入しネットワーク機器を監視しました。障害が発生するとZabbixが感知します。Zabbixが感知した障害は、メール通知機能を利用して外部の音声通知サービスから管理者の携帯電話へ送られます。監視設定はZabbixのウェブインタフェース画面から行えます。

Zabbixのメール通知と連携する独自開発プログラムの導入

外部の音声通知サービスを利用するために、特定フォーマットのメールを送信する必要がありましたが、Zabbixの標準機能では、そのフォーマットでメール送信を行うことができませんでした。このサービスを利用するために、Zabbixが発信するメール通知を音声通知サービスに送信するフォーマットに変換するプログラムを開発して導入しました。Zabbixと組み合わせて使用する事で、Zabbixが感知した障害を、音声サービスから管理者の携帯電話へ送る事を可能にしました。

導入後の結果

アイコン女性

Zabbixの導入でネットワーク機器の監視設定をウェブインタフェースから行えるようになったため、管理者の負担を減らすことができました。
また、Zabbixに導入した連携プログラムによって、ネットワーク機器監視に音声通知サービスを利用することができるようになり、障害時の対応が早くなり、復旧を迅速に行えるようになりました。

【Webセミナー】様々なサービスに顔認証を導入できる『FaceAuth(フェイスオース)』紹介セミナー

日程: 11月26日(金)Webセミナー「BigBlueButton」を使用します。
内容: 今回は、弊社が提供する顔認証システム『FaceAuth(フェイスオース)』についてご紹介します。
ご興味のあるかたはぜひご参加ください。

セミナー申込

Zabbixによる監視システムの関連ページ

監視サーバ構築の事例一覧

デージーネットの構築サービスの流れ

デージーネットの構築サービス(Open Smart Design)では、OSSを安心して使っていただくために、独自の導入ステップを採用しています。詳しい情報は以下のリンクからご覧ください。


詳細情報ボタン

サービスの流れイメージ

様々な事例を集めたモデルプラン(費用例付き)をお送りしています。

代表的な事例を集めた「モデルプラン」をお送りしています。費用の例も記載しておりますので、価格感も知って頂ける資料となっております。
ご希望の方は、下記よりお申し込みください。


モデルプランをご希望の方

モデルプラン資料イメージ

各種費用についてのお問い合わせ

コンサルティング費用、設計費用、構築費用、運用費用、保守費用など、各種費用についてのお見積もりは以下のフォームよりお気軽にお問合せ下さい。


unboundやPowerDNSを使用したDNSサーバのモデルプランをご希望の方

全国対応イメージ

Zabbixによる監視システムの先頭へ