よくある質問・用語集

サーバー構築のデージーネットTOP > よくある質問・用語集 > 用語集 > オープンソースソフトウェア(5/19)

オープンソースソフトウェア(5/19)

オープンソースソフトウェアの情報ページです。

5/19ページ

無料資料ダウンロード | OSSでのシステム構築・デージーネット

Rspamd調査報告書

Rspamdは、正規表現、統計分析、URLブラックリスト等のカスタムサービスを含むたくさんのルールによってメッセージを評価することができる高機能なspamフィルタシステムです。本書は、Rspamdを調査した結果をまとめたものです。

無料資料ダウンロード | OSSでのシステム構築・デージーネット

X2CRM調査報告書

X2CRMは、マーケティングやセールスを効率化するためのソフトウェアです。顧客毎の情報を管理するだけでなく、顧客からの問い合わせをトリガーとして、自動的に担当者をアサインして、応答メールを送信するなど、オートメーションの機能も搭載されています。本書は、X2CRMのコアな機能と使用方法をまとめたものです。

無料資料ダウンロード | OSSでのシステム構築・デージーネット

OSC 2018 Nagoya/Spring セミナー資料

2018年5月19日に OSC 2018 Nagoya で行ったセミナーの資料です。"見える化"をテーマに、Graylogによるログ管理、Fessによる文書管理、phpIPAMによるIPアドレス管理について紹介しています。

無料資料ダウンロード | OSSでのシステム構築・デージーネット

Grafana

Grafanaは、ダッシュボードを構築するためのオープンソースソフトウェアです。Zabbixと連携することができ、複数のZabbixの統計情報をひとつのダッシュボードに表示することができます。本書は、Grafanaを調査した結果をまとめたものです。

無料資料ダウンロード | OSSでのシステム構築・デージーネット

Keycloak調査報告書

Keycloakは、シングルサインオンを実現するための認証プロバイダです。SAMLとOpenID Connectに対応するソフトウェアと連携ができます。本調査報告書では、Rocket.chatとApache HTTP Serverのoidcモジュールとの連携方法を調査した結果を解説しています。

無料資料ダウンロード | OSSでのシステム構築・デージーネット

OSC 2018 Kyoto セミナー資料

ログ管理システム「Graylog」、全文検索システム「Fess」+αをご紹介します。この資料は、2018年8月3日に OSC 2018 Kyoto で行ったセミナーの資料です。

無料資料ダウンロード | OSSでのシステム構築・デージーネット

LinstorによるDRBD SDS構築について

DRBD SDSは、複数のハードウェアのストレージをひとつのストレージとして扱い、データを分散・冗長化する技術です。DRBD SDSを安定的に管理するためにLinstorという管理ツールが開発されました。本書ではLinstorを利用したDRBD SDSの管理方法やDRBD SDSを応用したKVMの冗長化についてまとめています。

無料資料ダウンロード | OSSでのシステム構築・デージーネット

Jitsi調査報告書

Jitsiはオープンソースのビデオ会議システムです。リモートワークなどで、離れた場所にいるメンバーとの会議などに活用できます。自組織専用のシステムを構築できるため、安心して使えるビデオ会議システムを提供することができます。本書は、Jitsiについて調査した内容をまとめたものです。

無料資料ダウンロード | OSSでのシステム構築・デージーネット

不正調査から障害調査まで〜大量のログデータの統合管理をオープンソースで〜

Graylogは、オープンソースの統合ログ管理ソフトウェアです。様々な機器から出力される大量で多様なログを集中管理、高速な検索やグラフによる可視化を可能にします。本書では、Graylogについてご紹介するとともに、活用事例についてもご紹介します。

Apache Traffic Server | OSSでのシステム構築・デージーネット

Apache Traffic Server

The Apache Software FoundationからApache Traffic Serverの最新版である 「Apache Traffic Server 3.2」が6月21日(米国時間)公開されました。Apache Traffic Serverとは高性能プロキシサーバで、リバースプロキシサーバとしても利用できます。同様のプロキシサーバとしてはSquidやNginx、Varnishがありますが、今回の3.2ではIPv6を完全にサポートとなりました。

オープンソースソフトウェアに関する情報・用語まとめ先頭へ