よくある質問・用語集

サーバ構築のデージーネットTOP > よくある質問・用語集 > 用語集 > オープンソースソフトウェア(7/22)

オープンソースソフトウェア(7/22)

オープンソースソフトウェアの情報ページです。

7/22ページ

無料資料ダウンロード | OSSでのシステム構築・デージーネット

MariaDBクラスタ調査報告書

マルチマスタ構成のMariaDBクラスタであるMariaDB Galera ClusterとMariaDBのプロキシ機能を持つMariaDB MaxScaleを組み合わせたDBクラスタシステムの基本機能について調査し、まとめたものです。

Apache Traffic Server | OSSでのシステム構築・デージーネット

Apache Traffic Server

The Apache Software FoundationからApache Traffic Serverの最新版である 「Apache Traffic Server 3.2」が6月21日(米国時間)公開されました。Apache Traffic Serverとは高性能プロキシサーバで、リバースプロキシサーバとしても利用できます。同様のプロキシサーバとしてはSquidやNginx、Varnishがありますが、今回の3.2ではIPv6を完全にサポートとなりました。

カレンダーサーバソフトウェア【MEDACA】 | OSSでのシステム構築・デージーネット

MEDACA

デージーネットは1月18日、スマートフォンやPCと連携可能なカレンダサーバソフトウェア『MEDACA』を公開しました。『MEDACA』を使うことで、スマートフォンのカレンダ機能やPCのカレンダソフトと連携できるカレンダサーバを低コストで作ることができます。これまでは、インターネット上のサービスを経由して同期する方法が一般的でした。

FirewallD | OSSでのシステム構築・デージーネット

FirewallD

Fedora18から標準搭載されているFirewallDについて調査をしました。Linuxサーバを運用する際、多くの場合iptablesを使用しパケット制御を行っていると思います。iptablesにルールを追加した際、iptablesの再起動が必要となります。再起動をすることで、一時的にルールがない状態になる等の問題があります。

PostgreSQLレプリケーションの評価 | OSSでのシステム構築・デージーネット

PostgreSQLレプリケーションの評価

PostgreSQLのレプリケーションの質問を受けることが多くあります。そこで、より幅広いサービスを提供する目的で、デージーネットにてPostgreSQL9のレプリケーションの検証を行いました。検証の環境としては以下としました。OSバージョン : CentOS6.3ソフトウェアバージョン: postgresqlは9.2.2

CentOS標準パッケージでのクラスタリング | OSSでのシステム構築・デージーネット

CentOS標準パッケージでのクラスタリング

現在、デージーネットのお客様システムの構築で主に使用している冗長化構成は、パッケージのBUILDから行うPacemaker+Heartbeatの構成です。アンケートでも殆どの方から、システムが停止するのが不安と言った声をいただきましたが、冗長化構成、パッケージのBUILD、どちらも手間がかかったり難しい印象をお持ちの方も少なくないと思います。

Hatohol(はとほる) | OSSでのシステム構築・デージーネット

Hatohol(はとほる)

ミラクル・リナックスは6月27日、オープンソースの統合監視ソフトウェア「Zabbix」と「Nagios」からデータを取得し、一元管理できるようにする統合ビューア「Hatohol」を開発し、オープンソースソフトウェアとして公開したようです。ZabbixとNagiosは、サーバやプロセスの稼働状態の監視と障害検知を行うOSSです。

sympa(メーリングリストサーバ) | OSSでのシステム構築・デージーネット

sympa(メーリングリストサーバ)

メーリングリストとは、複数の人に同時にメールを配送する仕組みのことです。メーリングリストを使うことで、特定の話題についてメンバーに情報の展開ができたり、グループ全体でのメールのやり取りが円滑にできます。メーリングリストサーバとして代表的なものは、Mailmanやfmlがあります。今回は、メーリングリストサーバの1つであるsympaについて紹介します。

標的型攻撃対策ソフトウェア【SaMMA】 | OSSでのシステム構築・デージーネット

SaMMA

今回は、デージーネットで開発したオープンソースソフトウェアである、『SaMMA』を紹介したいと思います。SaMMA(SAfety Mail gateway with Milter Api)は、その名の通り、MTAと連携してメールの添付ファイルを自動的に暗号化ZIP形式へ変換するソフトウェアです。近年、メールは連絡手段としてなくてはならないものになってきました。

「CentOS」がRed Hatの正式プロジェクトに | OSSでのシステム構築・デージーネット

「CentOS」がRed Hatの正式プロジェクトに

1月7日にRed HatとCentOS Projectから、CentOS ProjectをRed Hatの支援プロジェクトとして傘下に収めると発表がありました。CentOSはRed Hat Enterprise Linux(RHEL)と互換性を持つディストリビューションですが、本家のRed Hatが経済的に支援することで、CentOS Projectの安定性と発展を加速するとしています。

オープンソースソフトウェアに関する情報・用語まとめ先頭へ