よくある質問・用語集

サーバー構築のデージーネットTOP > よくある質問・用語集 > 用語集 > オープンソースソフトウェア(7/19)

オープンソースソフトウェア(7/19)

オープンソースソフトウェアの情報ページです。

7/19ページ

標的型攻撃対策ソフトウェア【SaMMA】 | OSSでのシステム構築・デージーネット

SaMMA

今回は、デージーネットで開発したオープンソースソフトウェアである、『SaMMA』を紹介したいと思います。SaMMA(SAfety Mail gateway with Milter Api)は、その名の通り、MTAと連携してメールの添付ファイルを自動的に暗号化ZIP形式へ変換するソフトウェアです。近年、メールは連絡手段としてなくてはならないものになってきました。

「CentOS」がRed Hatの正式プロジェクトに | OSSでのシステム構築・デージーネット

「CentOS」がRed Hatの正式プロジェクトに

1月7日にRed HatとCentOS Projectから、CentOS ProjectをRed Hatの支援プロジェクトとして傘下に収めると発表がありました。CentOSはRed Hat Enterprise Linux(RHEL)と互換性を持つディストリビューションですが、本家のRed Hatが経済的に支援することで、CentOS Projectの安定性と発展を加速するとしています。

Messasyについて | OSSでのシステム構築・デージーネット

Messasyについて

今回は、デージーネットで開発したオープンソースソフトウェアである、『Messasy』を紹介します。Messasyは簡単に言うと「メールを保存するソフトウェア」です。Messasyはメールサーバを通過したメールを保存します。それだけではなく、imapサーバを利用して保存されたメールの閲覧も可能で、保存されたメールを閲覧・検索することができます。

RHEL 7 | OSSでのシステム構築・デージーネット

RHEL 7

2014年6月11日に、Red Hat Enterprise Linux 7(以下RHEL 7)がリリースされました。様々な機能が改良されたり、新機能が追加されたりしているようです。デージーネットマガジン2012年10月号では、Fedora18の話題を取り上げましたが、それが元になっている機能もありました。

CentOS 7 | OSSでのシステム構築・デージーネット

CentOS 7

2014年7月7日に、CentOS 7がリリースされました!!2014年6月10日にRed Hat Enterprise Linux 7が公開されてから、1ヶ月ほどでのリリースとなりました。予想よりもリリースがかなり早いなと感じています。以前、記事として紹介しましたが、CentOS ProjectをRed Hatの支援プロジェクトとして運営されていますので、その影響かもしれません。

postLDAPadmin sieveプラグイン | OSSでのシステム構築・デージーネット

postLDAPadmin sieveプラグイン

今回は、デージーネットで開発したオープンソースソフトウェアである、postLDAPadminの『sieveプラグイン』を紹介します。postLDAPadminは、メールサーバで利用するLDAPの管理をWebインタフェース上で行うためのWebアプリケーションです。LDAPは、メールサーバやwebサーバ等様々なシステムと連携ができます。

【!!緊急!!】セキュリティトピック | OSSでのシステム構築・デージーネット

【!!緊急!!】セキュリティトピック

2014年10月15日、OpenSSLチームより Secure Socet Layer version 3(以下SSLv3)について、プロトコルレベルでの脆弱性が存在することが発表されました。RedHatからもopensslのアップデートパッケージが出ておりますが、脆弱性を対策するためには、opensslのアップデートだけではなく、SSLv3を停止する必要があります。

OpenVAS-セキュリティ診断ツール- | OSSでのシステム構築・デージーネット

OpenVAS-セキュリティ診断ツール-

今回は、OpenVAS(セキュリティ診断ツール)を紹介します。最近は、Webサービス等で深刻な脆弱性がニュースとなることも多いです。また、ソフトウェアに脆弱性が発見されること自体は珍しいことではなく、深刻なものから軽微なものまでさまざまな脆弱性が毎月のように発見されています。

PowerDNS | OSSでのシステム構築・デージーネット

PowerDNS

昨年は、OpenSSL、bash等大きなセキュリティ情報がたくさん出ました。その中に、DNSサーバとして一番多く使われているBINDのセキュリティ情報もたくさん出ました。今回は、BINDに代わるDNSサーバと期待されている、PowerDNSについて紹介します。

NSD | OSSでのシステム構築・デージーネット

NSD

前号では、DNSサーバソフトウェアのPowerDNSを紹介しました。今回は、PowerDNSと同じくDNSサーバのオープンソースソフトウェアであるNSDについて紹介します。NSDとは、Name Server Daemonの略で、オランダのNLnet Labsが中心となって開発を行ったコンテンツDNSサーバのオープンソースソフトウェアです。

オープンソースソフトウェアに関する情報・用語まとめ先頭へ