よくある質問・用語集

AI(1/1)

AIの情報ページです。

1/1ページ

Apache Guacamole | OSSのデージーネット

Apache Guacamole

今回はApache Guacamole(グァカモーレ/ワカモーレ/ワカモレ)を紹介します。Apache Guacamoleは、リモートワークデスクトップやSSHなどのリモートアクセスのゲートウェイとなるソフトウェアです。

Kubernetesとは | OSSのデージーネット
Kubernetesとは、コンテナにおけるアプリケーションのデプロイ、スケール、管理を自動化するソフトウェアです。Kubernetesは、元々Googleによって開発されました。2018年1月時点では、Linux Foundationの傘下にあるCNCF (Cloud Native Computing Foundation) が管理するオープンソースです。

機械学習とは | OSSのデージーネット
機械学習とは、コンピュータがデータを分析・解析して、パターンや特徴を見つけ出す技術一般のことを指します。機械学習によって発見したパターンや特徴を利用して、コンピュータが物事の予測や、分類、判定などができるようになります。

Minioとは | OSSのデージーネット
Minioとは、オブジェクトストレージを構成するためのソフトウェアです。minio.ioによって開発され、Apache 2.0ライセンスで公開されています。Minioは、1台から実行可能なオブジェクトストレージです。1台から起動することが可能なため、容易に利用することができます。

ディープラーニングとは | OSSのデージーネット
ディープラーニングとは、深層ネットワークを用いた機械学習の手法の総称です。ディープラーニングは、学習を行うために膨大なデータと、学習のための高い演算能力が必要になります。そのため、ディープラーニングの考え方が考案され始めた時代では、実現ができませんでした。

TensorFlowとは | OSSのデージーネット
TensorFlowとは、ディープラーニング対応したOSSの機械学習用のソフトウェアライブラリです。TensorFlowは、Googleが社内で利用していたディープラーニング用フレームワークを基に開発され、2015年にApache 2.0ライセンスで公開されました。TensorFlowが、ディープラーニングの複雑な理論を実装したOSSとして公開されたことで、ディープラーニングの利用が広まったと言われています。

機械学習基盤とは | OSSのデージーネット
機械学習基盤とは、機械学習を行うために必要な様々なリソースを用意し、迅速に機械学習のモデリングや実験を行えるようにするための設備です。機械学習によるシステム開発を円滑に行うためにはコンテナを利用することが多く、機械学習基盤としてコンテナ型仮想化の技術が使われています。

Juliusとは | OSSのデージーネット
Juliusとは、オープンソースの機械学習済みの音響モデルを搭載した汎用大語彙連続音声認識エンジンである。Juliusは、京都大学、名古屋工業大学が中心になって開発を行っている。プログラムはC言語で書かれており、オープンライセンスで商用利用への制限もない。

音声認識とは | OSSのデージーネット
音声認識とは、人間の声をコンピュータに認識させ、話した内容を文章に変換する技術である。音声認識の技術は、約60年ほどまえから研究が始められている。日本では1990年代から商品化が進められていたが、まだ認証の精度に関しては、使用者の満足のいくものではなかった。2000年代にはいり。2000年代に入り、後述する機械学習アルゴリズムの進化にともない認識精度も向上し、テレビなど音声入力手段として本格的に普及が始まった。

Microk8sとは | OSSのデージーネット
Microk8sとは、小規模なKubernetes環境を作成するために作られたパッケージです。環境に依存しないパッケージを配布し、管理するための仕組みであるSnappyを使って配布されています。 ...

AIに関する情報・用語まとめ先頭へ