よくある質問・用語集

サーバー構築のデージーネットTOP > OSS情報 > よくある質問・用語集 > 用語集 > インダストリー4.0とは

  • もっと調べる
  • どうやって使う?

インダストリー4.0とは

インダストリー4.0とは、ドイツ政府が主導して官民一体となって進めている工業のデジタル化を目指す国家プロジェクトです。日本では、「第4次産業革命」といわれる場合があります。このプロジェクトでは、生産工程のデジタル化・自動化・バーチャル化のレベルを現在よりも大幅に高めることによる、コストの極小化を目指しています。元々、ドイツから始まったこのプロジェクトですが、現在では日本やアメリカをはじめとした世界中の国々で取り組まれています。

インダストリー4.0を行う背景

ドイツがインダストリー4.0を進めているのは、ドイツの産業体制の抱えた課題を解決するためです。
その課題とは、生産体制の性質上、生産コストが高くなってしまうということです。労働単価が日本やアメリカと比べて高いドイツでは、いかに生産コストを抑えて高品質な製品を作ることができるかを考える必要がありました。その結果考案されたのがインダストリー4.0です。

インダストリー4.0の根幹「スマートファクトリー」

スマートファクトリーは、その名の通り自ら思考する工場です。インターネットの特徴である「情報のリアルタイム性」を活かし、生産工程に関わる企業がネットを介して伝達される情報に反応して、生産・供給活動を自動的に行います。つまり、スマートファクトリーが実現すると、機器の摩耗状態を検知し、部品を発注するといった作業を人の手を介さずに行うことが可能になります。ただ、この仕組みの導入には、IoTとビッグデータの活用、そして、AIの発展が不可欠です。

インダストリー4.0とIoT・ビックデータ

インダストリー4.0とIoT・ビッグデータには深い関連があります。IoTとは、あらゆる「モノ」がインターネットとつながることを意味します。そしてインダストリー4.0の目指すところは、モノとモノがインターネットを介して繋がることです。そして、それを実現するためには、膨大な量のデータを蓄積し、解析するインフラが必要です。

デージーネットの取り組み

上述したように、インダストリー4.0の実現にはIoTやビックデータを活用する必要があります。そのためにはIoTやビックデータのインフラを構築する必要があります。IoT・ビッグデータの分野でのイノベーションには、オープンソースソフトウェアが深く係わっていると言われています。デージーネットは、オープンソースソフトウェアの専門家として、先進的なIoT・ビッグデータのインフラ構築、システムの設計・改善などのコンサルティングに取り組んでいます。

【カテゴリ】:ネットワーク  ネットワークインフラ  ビッグデータ  IoT  

  • もっと調べる
  • どうやって使う?

関連用語

インダストリー4.0に関連するページ(事例など)


デージーネット用語集のページです。「インダストリー4.0」という用語と関連情報について説明します。「インダストリー4.0」について情報を収集する際、サービスをご検討いただく際などに用語集ページをお役立てください。

インダストリー4.0とは先頭へ