よくある質問・用語集

サーバー構築のデージーネットTOP > OSS情報 > よくある質問・用語集 > 用語集 > IoTとは

  • もっと調べる
  • どうやって使う?

IoTとは

IoTとは、Internet of Thingsの略称で、「物のインターネット」とも言われている。2000年代の前半に、ユビキタスネットワークという言葉がよく使われていた。ユビキタスネットワークとは、「いつでも、どこでも、何でも、誰でも」ネットワークにつながることである。

現代社会では、「いつでも、どこでも、誰でも」がインターネットに接続できるようになり、当時の想定にかなり近づいて来ている。最後に残ったのは、「何でも」という部分だけである。この部分を実現するために注目されているのがIoTである。もともと、ユビキタスネットワークが想起された時には、エアコンや冷蔵庫などの家電製品がネットワークにつながるイメージを抱いていた。

しかし、IoTは、ドイツ政府による「インダストリー4.0」などの影響もあり、より工業的なイメージが強くなっている。インダストリー4.0は、工業のデジタル化である。生産工程の効率化、バーチャル化など、現在のよりハイレベルかつ深く自動化を行なうことで、コストの極小化を目指す。

IoTは、このインダストリー4.0と切っても切り離せないものと考えられている。そのため、以前に比べて工業的なイメージが強くなっている。工業的なイメージが強くなった結果、IoTはセンサーに通信機能を持たせ、工場機械の稼働状況や状態などの大量のデータを収集、解析するというイメージが強くなっている。そのため、ビッグデータ、人工知能(AI)などと組み合わせて語られることが多い。

IoTとオープンソースソフトウェア

これまで、デスクトップコンピューティング、データウェアハウス、インターネットセキュリティ、仮想化などITの様々な分野の進化には、特定の製品が大きく係わって来ている。例えば、データベースであればOracleの製品が牽引してきた。仮想化であれば、VMWare社の製品が市場や技術を牽引してきた。しかし、IoTの分野とそれに隣接するビッグデータの分野では、最初から製品ではなくオープンソースソフトウェアがイノベーションに深く係わっていると言われている。そのため、IoTとオープンソースソフトウェアは切っても切り離すことができない、密接な関係がある。

IoTでは、次のような要素があると言われている。

  • IoTエンドポイン→ネットワークにつながるデバイス
  • IoTインフラ→IoTエンドポイントのデバイスをインターネットに接続するための設備。携帯ネットワークや無線ネットワークが想定されることが多い。
  • インターネットのインフラ→インターネットを構成する、ルーターデバイス、セキュリティデバイスなど
  • クラウド→IoTエンドポイントのデバイスから集めたデータの処理を行なうための設備
  • クライアント→IoTエンドポイントのデバイスから集めたデータを分析、表示するソフトウェア

これらのIoTの構成要素のほとんどの分野で、オープンソースソフトウェアが主導的な役割を果たすと考えれている。まず、インターネットのインフラはもっとも古くからオープンソースソフトウェアが使われてきた分野である。また、クラウドでも、今後IoTが伸びていくにあたって、OpenStackなどの仮想基盤技術で、オープンソースソフトウェアが頻繁に使われることが予想される。Amazonなどのクラウド基盤も、オープンソースソフトウェアで構成されている。さらに、それに接続するIoTインフラでも、オープンソースソフトウェアの活用は必須である。

クライアントでの集めたデータの解析や可視化のソフトウェアとしても、オープンソースソフトウェアの活用が進んでいる。さらに、IoTエンドポイントのデバイスから集めた大量の情報は、ビックデータとして処理される。このビックデータの解析を行なう並列コンピューティングや大規模なデータ管理などの分野でも様々なオープンソースソフトウェアが使われている。また、AI(人口知能)の分野でもオープンソースソフトウェアが利用され研究が進んでいる。例えば、Googleの開発したAIエンジンである「TensorFlow」や日本発の深層学習フレームワーク「Chainer」などがオープンソースソフトウェアとして公開されている。反対に、ハードウェア、ファームウェア、アプリケーションの分野では、製品が使われることが多いと考えれている。いずれにしても、オープンソースソフトウェアは、IoTを形成するために欠かせない技術となっている。

IoTの活用例

現在では、様々なところでIoTが活用されている。例えば工業の分野では、生産した製品にタグをつけ、それをセンサーが読み取ることで製品の生産状況を把握したり、在庫管理を容易にしたりすることができる。また、工業の分野だけではなく、日常生活でもIoTは身近なものとなってきている。例えば、ボタン一つでAmazonの商品を注文できるIoTデバイス「Amazonダッシュボタン」がある。他にも、音声操作に対応したAIアシスタントを搭載したスピーカーがある。AIスピーカーを利用すると、部屋の電気やテレビの電源を管理したり、自分の予定をカレンダーに追加したりすることもできる。このように現在では、IoTデバイスがかなり身近なものになってきている。

IoTデバイスへのセキュリティ対策

IoTの技術が進歩し、このようなIoTに対応したデバイスが増えるにつれて、セキュリティ対策の重要度も高くなる。ただ、このことを認識している人は多くない。IoTデバイスは、いわばパソコンやスマートフォンと同じである。現在、パソコンやスマートフォンのセキュリティ対策を行うことは当たり前になっている。それと同じように、IoTデバイスにも攻撃のリスクを正しく認識し適切なセキュリティ対策を行う必要がある。

IoTデバイスを狙った攻撃を許してしまうのは、IDやパスワードなどで認証して保護すべきところにパスワードが設定されていないことが原因である場合が多い。また、デフォルトのパスワード設定のまま利用していたという場合も多くある。そのため、IoTデバイスもパソコンやスマートフォンと同様にIDやパスワードを変更しておく必要がある。また、万が一IoTデバイスが攻撃を受けた場合に、それを察知するために、IoTデバイスのログを監視しておくことや、ファームウェアのアップデートを行うことでより安全に利用できる。

デージーネットの取り組み

デージーネットでは、15年以上に渡って、CATVネットワークの管理の仕組みを提案してきた。CATVネットワークでは、何万件もある契約者が使う設備から、定期的にデータを取得して、正常に動作することをモニタする必要がある。これはIoTのビックデータの収集・解析モデルとまったく同じである。利用するソフトウェアも類似している。デージーネットでは、こうした経験を活かし、Elasticsearchを利用した大容量ログ解析システムの構築や、GraylogやCacti、Zabbixを利用した監視システムの構築も行っている。また、デージーネットの構築したシステムは導入後支援サービス(Open Smart Assistance)を受けることも可能なため、導入後も安心して利用できる。

【カテゴリ】:ビッグデータ  IoT  

  • もっと調べる
  • どうやって使う?

関連用語

IoTに関連するページ(事例など)


デージーネット用語集のページです。「IoT」という用語と関連情報について説明します。「IoT」について情報を収集する際、サービスをご検討いただく際などに用語集ページをお役立てください。

IoTとは先頭へ