よくある質問・用語集

サーバー構築のデージーネットTOP > よくある質問・用語集 > 用語集 > DNSキャッシュサーバの関連ページ一覧

DNSキャッシュサーバの関連ページ一覧

DNSキャッシュサーバの水責め攻撃対策構築事例
近年、日本国内のISPでDNSキャッシュサーバの障害が報告されています。DNS水責め攻撃とよばれる攻撃が行われたためです。そのため、各ISPでは対策に追われています。本事例は、デージーネットがDNSキャッシュサーバにDNS水責め攻撃の対策を行ったものです。

マルチDNS環境の構築事例
BINDに脆弱性が多く発見され、DNSサーバのバージョンアップなどの対策が頻繁に必要になっています。マルチDNS環境は、複数のDNSサーバソフトウェアを使ってDNSサーバを構成することで、特定のソフトウェアの脆弱性によって外部から攻撃を受けてDNSサービスが停止することがないようにするのが目的です。本事例は、このようなマルチDNS環境を構築したものです。

児童ポルノブロッキング対応DNSキャッシュ
サーバ構築事例
児童ポルノブロッキングは、ICSAから公開されている児童ポルノ掲載アドレスリストを使って、有害サイトを閲覧できなくする仕組みです。本事例は、DNSキャッシュサーバが問い合わせを受けたときに、児童ポルノ掲載サイトへの問い合わせを別サイトに誘導する仕組みを構築しました。

unboundによるDNSキャッシュサーバ構築事例
加入ユーザ向けのDNSキャッシュサーバをunboundを使って構成しました。unboundを利用することで、DNSキャッシュサーバを分離した構成とし、DNSセキュリティの向上が実現できました。

標的型攻撃対策のOSS〜SaMMA〜
SaMMAはデージーネットで開発した添付ファイルを処理するOSSです。ここでは、標的型攻撃対策について解説します。

Unbound水責め攻撃対策調査報告書
デージーネットの資料を無料でダウンロードできます。オープンソースソフトウェア(OSS)について、情報を収集する際、サービスをご検討いただく際などに無料資料ダウンロードページをお役立てください。

OSSのおすすめDNSサーバ構築比較8選
DNSサーバのOSSについて、選定のポイントと各OSSの機能・特徴・メリット・デメリットを紹介します。DNSは、ほとんどの場合、OSSのサーバソフトウェアが利用されます。








デージーネット用語集のページです。「DNSキャッシュサーバ」という用語の関連情報一覧ページです。デージーネットは、サーバ構築やOSSシステム構築・コンサルティングサービスなどを行っております。「DNSキャッシュサーバ」について情報を収集する際、サービスをご検討いただく際などに用語集ページをお役立てください。

DNSキャッシュサーバ関連一覧の先頭へ