よくある質問・用語集

サーバ構築のデージーネットTOP > OSS情報 > よくある質問・用語集 > 用語集 > EAPとは

  • もっと調べる

EAPとは

EAPとは、Point-to-Pointプロトコル(PPP)を拡張した認証プロトコルである。 PPP Extensible Authentication Protocol の略称で、IEEE 802.1xを使用した認証システムで使われる。 サプリカントをインストールしたWi-Fi端末がユーザ認証を行う時に使用されるプロトコルである。 EAPでは様々な認証方式がサポートされており、代表的な認証方式として、EAP-TLS、EAP-TTLSがある。

  • EAP-TLS
    サーバとクライアントの両方が証明書を持って相互に認証が行われる。
  • EAP-TTLS
    クライアントが証明書を持たずにユーザ名とパスワードで認証を行う。
オープンソースソフトウェアのFreeRADIUSは、EAP-TLS、EAP-TTLSを実装している。

【カテゴリ】:プロトコル  認証  

オープンソースで大量ログデータの統合管理
〜ログ管理OSS「Graylog」のご紹介〜

日程: 1月16日(木)デージーネット東京営業所
1月24日(金)デージーネット本社
内容: 大量のログファイルを収集しても、事件・事故が発生したときにログデータを活用できていない、もっとログデータをわかりやすく管理したいなどの悩みを解決する大量ログデータ統合管理のOSS「Graylog」についてご紹介いたします。
ご興味のあるかたはぜひご参加ください。

セミナー申込

  • もっと調べる

関連用語

EAPに関連するページ(事例など)

EAPとは先頭へ