よくある質問・用語集

サーバ構築のデージーネットTOP > OSS情報 > よくある質問・用語集 > 用語集 > ICAPとは

  • もっと調べる

ICAPとは

ICAPとは、プロキシサーバやキャッシュサーバが外部連携を行うためのプロトコルである。internet content adaptation protocolの略称。外部プログラムとして、ウィルスチェックプログラムやURLフィルタプログラムと連携することが想定されている。

デージーネットの取り組み

デージーネットでは、2005年頃からICAPの初期のバージョンを使ってソフトウェア開発を行ったり、システム構築を行ってきた。ICAPに関連して、次のようなソフトウェアの開発実績がある。

  • ウィルスチェックを行うICAPプログラムの開発
  • ICAPに対応したプロキシサーバの開発

また、現在は、HTTPプロトコルでダウンロードしたファイルの無害化を行うためのICAPサーバの開発を進めている。

【カテゴリ】:プロトコル  セキュリティ  

オープンソースで大量ログデータの統合管理
〜ログ管理OSS「Graylog」のご紹介〜

日程: 1月16日(木)デージーネット東京営業所
1月24日(金)デージーネット本社
内容: 大量のログファイルを収集しても、事件・事故が発生したときにログデータを活用できていない、もっとログデータをわかりやすく管理したいなどの悩みを解決する大量ログデータ統合管理のOSS「Graylog」についてご紹介いたします。
ご興味のあるかたはぜひご参加ください。

セミナー申込

  • もっと調べる

関連用語

ICAPに関連するページ(事例など)

ICAPとは先頭へ