よくある質問・用語集

サーバ構築のデージーネットTOP > OSS情報 > よくある質問・用語集 > 用語集 > Sambaとは

  • もっと調べる

Sambaとは

Sambaとは、Windwsファイルサーバやプリントサービスを実装したオープンソースソフトウェアである。現在の安定版のSamba4ではGPLv3の元、自由に利用することができる。

Sambaには主に下記の機能を持っている。

ファイルサーバ

複数のユーザでファイルを共有することができる。アクセス権を設定することもできる。

プリントサーバ

Windowsクライアント向けのプリントサーバ機能で、共有プリンタやプリンタドライバの配布ができる。

Windowsドメインコントローラ

NTドメインと呼ばれるネットワークでユーザやクライアント端末を管理する機能。

Active Directoryドメインメンバ

バージョン3から提供されたActiveDirectoryドメインへメンバとして参加する機能。

Sambaを使ってファイルサーバを構築する場合、アカウント管理をうまく設計しなければならない。Sambaにアクセスするアカウントを作成する場合、その作成するアカウントはUNIXアカウント上に存在しなければならない。そしてSambaのパスワードはUNIXアカウントとは別の独自の形式で管理されている。 そのため、特にSambaをHAクラスタとして構築する場合は、UNIXアカウントの同期とSambaパスワードの同期の両方を考慮しなければならない。

【カテゴリ】:ファイルシステム  Linux関連技術  情報共有  オープンソースソフトウェア  

【Webセミナー】デージーネットのテレワーク事例から学ぶ、オープンソースを
  活用したテレワーク導入セミナー

日程: 5月22日(金)
※Webセミナー「BigBlueButton」を使用します。
内容: テレワーク導入を検討している企業様向けに、デージーネットが行っているテレワークの運用や、労務管理の方法についてご紹介いたします。
ご興味のあるかたはぜひご参加ください。

セミナー申込

  • もっと調べる

関連用語

Sambaに関連するページ(事例など)

Sambaとは先頭へ