よくある質問・用語集

サーバ構築のデージーネットTOP > OSS情報 > よくある質問・用語集 > 用語集 > Sambaとは

  • もっと調べる

Sambaとは

Sambaとは、Windwsファイルサーバやプリントサービスを実装したオープンソースソフトウェアである。現在の安定版のSamba4ではGPLv3の元、自由に利用することができる。

Sambaには主に下記の機能を持っている。

ファイルサーバ

複数のユーザでファイルを共有することができる。アクセス権を設定することもできる。

プリントサーバ

Windowsクライアント向けのプリントサーバ機能で、共有プリンタやプリンタドライバの配布ができる。

Windowsドメインコントローラ

NTドメインと呼ばれるネットワークでユーザやクライアント端末を管理する機能。

Active Directoryドメインメンバ

バージョン3から提供されたActiveDirectoryドメインへメンバとして参加する機能。

Sambaを使ってファイルサーバを構築する場合、アカウント管理をうまく設計しなければならない。Sambaにアクセスするアカウントを作成する場合、その作成するアカウントはUNIXアカウント上に存在しなければならない。そしてSambaのパスワードはUNIXアカウントとは別の独自の形式で管理されている。 そのため、特にSambaをHAクラスタとして構築する場合は、UNIXアカウントの同期とSambaパスワードの同期の両方を考慮しなければならない。

【カテゴリ】:ファイルシステム  Linux関連技術  情報共有  オープンソースソフトウェア  

  • もっと調べる

【Webセミナー】VPNだけじゃない! より安心・便利なリモートワーク環境改善
セミナー

日程: 8月27日(木)Webセミナー「BigBlueButton」を使用します。
内容: ご好評につき、6月に開催したセミナーを再度開催いたします! OSSを利用したリモートワーク環境の改善方法に関するセミナーです。中心となるソフトウェアの説明の他、既存のリモートワーク環境のセキュリティを強化するために役立つ事例も紹介していきます。
ご興味のあるかたはぜひご参加ください。

セミナー申込

関連用語

Sambaに関連するページ(事例など)

Sambaとは先頭へ