よくある質問・用語集

  • もっと調べる

pfSenseとは

pfSenseとは、オープンソースで配布されているソフトウェアファイアウォールです。
Free BSDのカスタマイズ版のディストリビューションとして配布されていて、ファイアウォールやルータとして使えるように構成されています。GUIでの設定が可能で、さらにWi-Fi認証用のCaptive Portalをサポートしているのが特徴です。

配布形態は、LiveCDかEmbeded imageとなっています。

機能

pfSenseで提供されている主な機能には、次のようなものがあります。

  • 基本的なステートフルインスペクションのファイアウォール機能
  • NAT
  • 設定GUI
  • 接続されている機器を自動的に区別(WindowsかLinuxかなど)して、ルール設定が可能
  • ポリシールーティングが可能(ロードバランサー、フェールオーバー、WAN回線の冗長化など)
  • IP,network,ポートなどをグルーピングしてルール設定できる
  • フラグメントパケットの再組み立て(パケットのノーマライゼーション)
  • 冗長化(CARPというVRRPと同様の仕組みを使って)
  • VPN(IPSec, OpenVPN, PPTP Server)
  • PPPoEサーバ
  • Dynamic DNS
  • Captive Portal

サポート

サポートは、開発元からサポートされるサポートサブスクリプションメニューを使うことができます。
年間サブスクリプションを購入することになります。サポート内容は、問題発生時の対応、設定アシスタント、設定のレビュー、ネットワークの設計、pfSenseへの他のファイアウォールからの移行などです。

サポート費用は、ベースの年間5時間までのサブスクリプションで600ドル。追加は、5時間500ドル、10時間900ドル、20時間1700ドル、50時間4000ドルです。
(2013年5月時点)

【カテゴリ】:セキュリティ  ネットワークインフラ  

  • もっと調べる

【Webセミナー】脱PPAPへ、パスワード付きZIPファイルに代わるセキュリティ対策セミナー

日程: 5月19日(木)Webセミナー「BigBlueButton」を使用します。
内容: パスワード付きZIPファイルのメール送信(PPAP)の代替となるセキュリティ対策をご紹介します。
ご興味のあるかたはぜひご参加ください。

セミナー申込

関連用語

pfSenseに関連するページ(事例など)

pfSenseとは先頭へ