オープンソース

サーバー構築のデージーネットTOP > OSS情報 > デージーネットのOSS > CuMAS

next up previous contents
Next: 4. 使い方 Up: CuMAS - お問い合わせ管理システム Previous: 2. 準備



3. インストール

本章では、 CuMASのインストールおよび環境の初期設定について解説します。

CuMASの導入は、以下の手順で行います。

  1. CuMASの入手と展開
  2. CuMASの環境設定
  3. メールサーバ連携設定
  4. データベース設定
  5. Webサーバ設定
  6. ログ出力設定


3.1 CuMASの入手と展開

CuMASソフトウェアは、CuMASプロジェクトのダウンロードページから入手することが出来ます。
https://osdn.jp/projects/cumas
ダウンロードしたのち、圧縮されたアーカイブファイルを展開し、インストールディレクトリに配置します。

# tar xzvf CuMAS-x.xx-x.tar.gz
# cp cumas /usr/local/

展開後のディレクトリおよびファイルの所有者は、Webサーバの実行ユーザである必要があります。


3.2 CuMASの環境設定

CuMASの環境設定を行います。環境設定ファイルおよび遅延通知メールテンプレートを設定します。

3.2.1 cumas.confの設定

環境設定ファイルの設定を行います。入手の節([*])の手順通りにインストールした場合、環境設定ファイルは次の場所に配置されています。
/usr/local/cumas/etc/cumas.conf

また、初期内容は以下のようになっています。環境に合わせて適宜編集して下さい。

各項目の詳細は設定詳細の章([*])を参照して下さい。

DbServer = 127.0.0.1
DbPort = 5432
DbName = cumasdb
DbUser = cumas
DbPasswd = cumas
SyslogFascility = local4
LinesPerPage = 20
MailSaveDir = /var/cumas/spool
Incomplete = 0,1,2,3
LateDays = 3
StartYear = 2013
SessionTimeout = 600


3.2.2 遅延通知メールテンプレートについて

環境設定ファイルと同様に、遅延メールテンプレートも標準のものが次の場所に配置されています。
/usr/local/cumas/etc/NoticeMail.txt

初期内容は以下のようになっています。WebインターフェースのURLを書き換えてください。

詳細については使い方の章([*])もしくは設定詳細([*])を参照してください。

From: 遅延ジョブ通知システム <noreply@localhost.localdomain>
Subject: 【お問い合わせ管理】遅延対応のご連絡

    以下のお問い合わせは、進捗が「{$status}」の状態になってから
    {$latedays}日以上が経過しています。

    カテゴリ        :	{$category}
    お問い合わせ番号:	{$contact_no}
    顧客名          :	{$sender}
    サブジェクト    :	{$subject}
    主担当者        :	{$user}
    依頼日時        :	{$inquiry}
    最終更新日時    :	{$lastupdate}
    開始予定日      :	{$limit}
    URL    :	http://example.com/contact_detail.php?id={$co_id}


3.2.3 遅延通知メールの定期チェック

ステータス監視・通知プログラムを定期実行させることで、遅延通知メールを自動的に送信させることができます。それ用のユーザーをサーバに用意し、cronスケジュールを設定させます。

通知チェック用として、cumascheckユーザを作成します。

# useradd cumascheck

cumascheckユーザのcrontabに、以下のように記述します。この例では、毎時15分ごとにチェックされます。

15 * * * * /usr/local/cumas/bin/cumascheck

3.2.4 メール保存ディレクトリ

メール本文のデータを、環境設定ファイル内、MailSaveDirに記述された領域に保存します。添付ファイルなどのデータは含まれません。

ここで指定するディレクトリは、apacheユーザから書き込みと読み込みが可能である必要があります。


3.3 メールサーバ連携設定(例)

お問い合わせメールを CuMASに登録するために、CuMASの登録プログラムをメールサーバと連携させる必要があります。ここではPostfixのメールエイリアス機能を利用する例を解説します。

サポート用メールアドレスとして、「cumas_support@ドメイン名」、カテゴリ識別名として「cate_id_name」を利用する場合、以下の手順で設定を行います。

Postfix本体の設定を確認します。/etc/postfix/main.cfを以下のように修正します。

recipient_delimiter = +

転送設定を行います。/etc/aliasesファイルに以下を追記します。

cumas_support:	apache+cumas_support

エイリアス設定を適用させます。

# newaliases

CuMASとの連携設定を行います。/usr/share/httpd/.forward+cumas_supportファイルを作成し、以下を記述します。

"| /usr/local/cumas/bin/cumasaccept cate_id_name"

以上の設定を行うことで、宛先(ToやCcなど)に「cumas_support@ドメイン名」を含むメールが CuMASに自動的に登録されるようになります。

これらの設定は、cumasacceptをapache権限で実行するために必要となります。単にaliasとして設定した場合、cumasacceptはnobody権限で実行されてしまいます。


3.4 データベース設定

CuMASで利用するデータベースの設定を行います。次の内容で設定する想定で解説します。


表: データベース設定例
項目 設定例
データベース名 cumasdb
接続ユーザ名 cumas
接続パスワード cumas

3.4.1 データベース操作ユーザー作成

データベース操作用のユーザーを作成します。以下のコマンド例は、ユーザ名、パスワードともに「cumas」とする場合です。(postgresユーザでのコマンド実行例です。)

# su - postgres
$ createuser -d -P cumas
新しいロールのためのパスワード: cumas

3.4.2 データベース作成

データベースを作成します。以下のコマンド例は、データベース名を「cumasdb」とする場合です。

また、データベースが作成された際に、進捗ステータスおよび初期のログインユーザが同時に登録されます。

進捗ステータスを独自のものに変更する場合、本手順で使用するダンプファイルを編集するか、登録後にデータベースの編集が必要になります。(設定詳細の章[*])

初期ユーザについては、全てのインストール手順終了後に、 CuMASのWebインターフェースから設定とパスワードの変更を行う事をおすすめします。

$ createdb cumasdb -U cumas
パスワード: cumas
$ psql -d cumasdb -f /usr/local/cumas/etc/cumasdb.sql -U cumas
ユーザ cumas のパスワード: cumas


3.5 Webサーバ設定

CuMASを利用するための設定例を以下に示します。

Alias /cumas/ "/usr/local/cumas/public/"

<Directory "/usr/local/cumas/public">
        Require all granted
        php_value session.name "CuMAS"
</Directory>

このように設定した場合、 CuMASのWebインターフェースへは次のURLでアクセスすることができます。

http://(ドメイン名)/cumas/login.php


3.6 ログ出力設定

CuMASのログの出力設定を行います。

/etc/rsyslog.d/cumas.confファイルを用意します。以下に例を示します。

local4.*	/var/log/cumas.log

ログファシリティは、環境設定ファイル[*]で設定できます。

3.7 インストール確認

以上のインストールが正常に完了していることは、以下の手順で確認できます。

  1. ログイン画面へのアクセス
    http://(ドメイン名)/cumas/login.php へブラウザでアクセスします。
  2. ログイン処理
    ユーザ名:admin, パスワード:password を入力し、ログインボタンをクリックする。
  3. 検索結果表示画面が表示される。

また、ここで初期ユーザの情報を編集することをおすすめします。担当者一覧画面([*])へアクセスし、設定して下さい。


next up previous contents
Next: 4. 使い方 Up: CuMAS - お問い合わせ管理システム Previous: 2. 準備

2016年12月14日