オープンソース

Top

7. Apache Guacamoleの共有プロファイル設定

本章では、Apache Guacamoleの共有プロファイルの設定方法について解説します。

Apache Guacamole は、RDPやSSHなどのプロトコルに関わらず、画面の共有をすることができます。 画面を共有するためには、共有プロファイルのURLを発行する必要があります。

共有プロファイルでは、発行されたURLに接続さえすれば画面共有することができるため、Apache Guacamoleにユーザ登録されていない人にも共有することが可能です。 また、複数人で一つの画面を操作したり、操作する人以外は読み込み専用で状況を確認するという使い方もできます。

7.1. 共有プロファイルの追加

共有プロファイルの設定は、Apache Guacamoleに接続先を追加した後に設定します。

接続管理画面から、共有プロファイルの設定を行いたい接続の + を選択します。

_images/share.png

共有プロファイルの追加 をクリックすると共有プロファイルの設定画面が表示されます。

_images/share_add.png
  • 名前
    • 共有プロファイルの名前を指定します
  • 読み取り専用
    • チェックを入れた場合、読み取り専用になります

7.2. 共有URLの発行方法

ここでは、SSH接続先として追加した CentOS8 への共有プロファイルURLの発行を例に解説します。

_images/share_added.png

共有プロファイルを作成後、Apache Guacamoleから対象の接続先へ接続します。

接続した状態で、 Ctrl + Shift + alt を同時に押すとユーザメニューが表示されます。

_images/share2.png

共有プロファイルのURLを発行するには、ユーザメニュー上部にある シェア をクリックします。

_images/share3.png

Note

ユーザメニューから共有URLを発行するには、ユーザに 共有プロファイルの作成 権限と個々の共有プロファイルに対する許可が必要です。詳しくはユーザ設定の章を参照してください。

共有プロファイル名をクリックするとURLが発行されます。

_images/share4.png

表示されたURLに他のユーザがアクセスすると、Apache Guacamoleの画面を共有することができます。

Top