システム構築

サーバ構築のデージーネットTOP > OSS情報 > システム構築 > 認証サーバ構築 > 389 Directory Serverを利用したLDAPサーバ構築

構築事例:389 Directory Serverを利用したLDAPサーバ構築

Open Smart Design

デージーネットでケーブルテレビの契約ユーザ向けのLDAPサーバのリプレースを行いました。これまで使用してきた389 Directory ServerからOpenLDAPへリプレースしようとしましたが、設定上、うまくいかないことがあり、新サーバでも389 Directory Serverを採用することになりました。旧389 Directory Serverで利用していたLDAPのデータもすべて移行しました。

お客様が悩まれていた課題
RHEL6を使用しており、サポートが完了するので、新しいOSにしたい。
仮想環境をリプレースするタイミングで、新しい仮想環境に新しいLDAPサーバを構築したい。
LDAPサーバのサポートがほしい。
+導入企業プロフィール

導入企業業種

ケーブルテレビ

ユーザー規模

一般向けと法人向けを含めて約7万アカウント

利用OS

CentOS7

導入月

2019年1月頃

デージーネットが提案した「389 Directory Serverを利用したLDAPサーバ構築」

解決ポイント

既存の389 Directory Serverを調査し、新389 Directory Serverへのサーバ移行を立案

新サーバでも389 Directory Serverを提案

当初の予定では、LDAPサーバとして実績が豊富で、CentOS7の標準のOpenLDAPを提案していました。しかし、旧389 Directory Serverを調査していると、OpenLDAPでは、設定できない項目があることに気づきました。そこで、新サーバでも389 Directory Serverを使用することを提案しました。

OpenLDAPに移行しようとしたけどできなかったこと

旧389 Directory Serverでは、ManagerのDNがcn=Directory Managerでしたが、OpenLDAPでは、cn=Directory Managerにすることができませんでした。また、メールサーバや特別なプログラムなどがLDAPと連携していて、ManagerのDNを変更することができませんでした。このような理由から、ManagerのDNを同じにするために、新サーバでも389 Directory Serverを採用し、解決しました。

バージョン間での動作の違いで課題になったこと

389 Directory Serverでは、「パスワード保存形式」という設定があり、旧サーバは、平文パスワードが保存されていました。ケーブルテレビ契約者が使うWebUIや管理者が使うWebUIでも平文パスワードがそのまま保存されていることを前提として作られており、平文パスワードを保存する必要がありました。しかし、新サーバの389 Directory Serverは、平文パスワードではなく、ハッシュ化するのが、デフォルトでした。そのため、パスワードがハッシュ化されてしまい、移行後のサービス試験でNGとなってしまいました。

LDAPデータの移行に時間がかかる問題を移行時に解決

リハーサルで旧389 Directory Serverから新389 Directory ServerにLDAPデータを移行したところ、1分程度で完了しました。しかし、本番移行の時に再度旧389 Directory Serverから新389 Directory ServerにLDAPデータを移行しようとしたところ、8時間程度かかることが判明しました。原因は不明でしたが、データが残った状態でインポート作業をすると、かなり時間がかかってしまうかもしれないと予測し、LDAP移行をする直前に、新サーバのLDAPデータをあえてすべて削除しました。その結果、スムーズなデータ移行ができました。

導入後の結果

構築時、移行時に問題が何点か発生しましたが、すべて解決することができ、無事にCentOS7 + 389 Directory Server の新LDAPサーバでサービスを開始することができました。

389 Directory Serverを利用したLDAPサーバ構築の関連ページ

認証サーバ構築の事例一覧

デージーネットの構築サービスの流れ

デージーネットの構築サービス(Open Smart Design)では、OSSを安心して使っていただくために、独自の導入ステップを採用しています。詳しい情報は以下のリンクからご覧ください。


様々な事例を集めたモデルプラン(費用例付き)をお送りしています。

代表的な事例を集めた「モデルプラン」をお送りしています。費用の例も記載しておりますので、価格感も知って頂ける資料となっております。
ご希望の方は、下記よりお申し込みください。


モデルプランをご希望の方

各種費用についてのお問い合わせ

コンサルティング費用、設計費用、構築費用、運用費用、保守費用など、各種費用についてのお見積もりは以下のフォームよりお気軽にお問合せ下さい。


unboundやPowerDNSを使用したDNSサーバのモデルプランをご希望の方

389 Directory Serverを利用したLDAPサーバ構築の先頭へ