システム構築

サーバー構築のデージーネットTOP > システム構築 > 監視サーバ構築 > 障害監視・受付システム

構築事例:障害監視・受付システム

Open Smart Design

監視サーバが障害を検知した時に対応状況をグループ全員で共有するためのシステムです。

導入企業業種
サービスプロバイダ様(東京都)
ユーザー規模
不明
利用OS
Linux(CentOS5)
導入月
2012年12月頃
お客様が悩まれていた課題
障害発生時に通知メールを送信しているが、誰が担当しているかすぐに把握できない
障害が復旧するまで、障害通知メールが繰り返し送信されてしまう
障害が復旧したことを把握することができない

デージーネットが提案した「障害監視・受付システム」

解決ポイント

既存の監視システムに障害受付機能を拡張

運用フローをヒアリングしてシステム提案

お客様が障害通知メールを受け取った時の運用フロー、改善したいことをお聞きしました。監視機能は充実していましたので、障害検知後のフローのシステム化を提案しました。

既存監視システムと連携

既存システムが障害を検知したい時に呼び出すことができるサブプログラムを開発しました。このため、既存監視機能を損なうことなく、新機能を追加することができました。

ZabbixやCactiなどを使用した障害監視・受付システム構築事例

受付と監視停止の自動化

障害検知時に、障害通知メールに担当者がメール返信することで障害受付が行われる機能を追加しました。また、繰り返して障害通知メールが送信されてしまうことを抑制するために、受付後は障害メールが送信されない仕組みも導入しました。

導入後の結果

障害発生時に、担当者がすぐに明確にわかるようになり、安心してシステム運用を行うことができるようになりました。



障害監視・受付システムの関連ページ

監視サーバ構築の事例一覧

様々な事例を集めたモデルプラン(費用例付き)をお送りしています。

代表的な事例を集めた「モデルプラン」をお送りしています。費用の例も記載しておりますので、価格感も知って頂ける資料となっております。
ご希望の方は、下記よりお申し込みください。

モデルプランをご希望の方

各種費用についてのお問い合わせ

コンサルティング費用、設計費用、構築費用、運用費用、保守費用など、各種費用についてのお見積もりは以下のフォームよりお気軽にお問合せ下さい。

unboundやPowerDNSを使用したDNSサーバのモデルプランをご希望の方

障害監視・受付システムの先頭へ