よくある質問・用語集

  • どうやって使う?

ノーコードとは

ノーコード(NoCode)とは、プログラムコードをまったく記述することなく、Webサイトの作成やアプリケーション開発を行うプラットフォームである。一般的なアプリケーションの開発は、プログラムコードを記述する手法を採っている。しかし、ノーコード開発ではプログラミングが不要となる。そのため、ノーコードを用いることによって、プログラミング言語のような専門的なスキルのない人でも簡単にアプリケーション開発ができる。

この記事ではノーコードのメリット・デメリットを紹介し、その特徴について解説していく。

ノーコードはなぜ注目されているか

近年、ノーコードは日本だけでなく世界中で高い注目を集めている。多くの企業がDX(Digital Transformation/デジタルトランスフォーメーション)を推し進めている。DXとは、「ITを浸透させることで、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」という、ITをビジネスに取り入れることで企業が豊かになるプロセスを指す。DXの促進によりさまざまな企業がIT化に取り組んでいる一方で、最近ではIT業界の人材の不足が課題となっている。ITエンジニアの数が、ニーズに追いついていないためDXに取り組むことが難しいなどの問題も起こっている。

2019年にアメリカのWebサイト、Product HuntのRyan Hoover氏が書いたブログ 「The Rise of “No Code”」がきっかけとなり、さらに2020年にGoogleがノーコードの会社を買収したニュースが話題になり、ノーコードは現在幅広い業界でトレンドとなった。モバイルアプリやゲーム開発、データベースの構築など、様々なカテゴリーのノーコードプラットフォームがリリースされている。コロナ禍の影響で店舗販売からオンライン販売への需要が高くなったこともあり、ShopifyやSTORESのようなECサイトを開設できるツールも人気である。これらのノーコードプラットフォームを使えば、非エンジニアでも業務に必要な開発が行える。ノーコードは、IT人材不足を解決し新しいビジネスモデルを確立できる可能性を秘めている。

ノーコードのメリット

ノーコードを活用することによって、以下の3つのメリットがある。

  • 素早い開発ができる
  • プログラミングの知識が不要
  • 開発費用を抑えられる

素早い開発が可能

ノーコード開発は、プラットフォーム上のツールを積み木のように組み合わせて行う形のものが多い。GUI(画面操作)のみで直感的に操作ができるため、従来のソースコードを記述する手法に比べ、スピーディーに開発を進めることができる。アプリを開発するノーコードプラットフォームで有名なものでは、Bubble、Adalo等が当てはまる。ノーコードプラットフォームの中には、スプレッドシートやExcelなどのデータを読み込むとAIが自動でプロトタイプを作成してくれるものもある。AppSheet、Glide等がこれに該当する。いずれのタイプもベースとなる開発環境が整い、従来の手順を効率よく省略することが可能なため、開発までのスピードが大幅に上がる。さらに運用におけるシステム変更にも素早く対応しやすくなる。アプリケーションをユーザーの需要に柔軟に合わせ、最新のプログラムにカスタマイズすることが可能となる。

プログラミングの知識が不要

ノーコードはプログラムコードを記述することなくアプリケーション開発を行える。そのため、これまで必須であったプログラミングの知識というハードルが除かれ、誰でも開発が可能となる。開発ツールやテンプレートはあらかじめノーコードプラットフォームに用意されていて、必要な要素に対応したパーツをドラッグ&ドロップの簡単な作業で組み合わせていく。エンジニアでなくても簡単に理解できるものが多いため、実際にその業務に携わり現場の要望を知っている担当者が自分で開発者となり、目的に合わせて作ることが可能である。システムの管理やトラブル発生の際の処理がしやすくなるというメリットもある。これによりエンジニアは他の重要な開発に集中することができ、業務効率化にもつながる。人の技術に左右されることがないため、IT人材不足の問題を解消できることから、DX化の推進に繋がる。

開発費用の抑制

上述のように、ノーコードを導入すれば誰でもアプリケーションを開発できる。したがって、新規に専門の技術者を採用したり、外部に依頼する必要がなくなり、自社で独自の開発が可能となる。通常は専門技術者によるプロジェクトチームが設計やテストを実施し数ヶ月かけて行うアプリケーション開発も、ノーコード開発では誰でも短期間で実施できる。低予算で、新しい分野のIT化も可能となる。人材にかかる費用だけでなく、時間的な費用の削減も期待される。

ノーコードのデメリット

ノーコードにも短所がある。以下の4つのポイントで注意点がある。

  • 大規模なシステムには不適切
  • プラットフォームに依存している
  • ツールの選定にコストがかかる
  • セキュリティの問題

大規模なシステムには不適切

ノーコードは一般的に、シンプルで小規模なアプリ開発向けのプラットフォームである。プログラムコードの記述を必要とする複雑なシステムは構築できない。プラットフォーム上のUIに設定されているツールやテンプレートを、システムに合わせて結合させていく。そのため、基幹業務システムのような、プラットフォームに実装されているツールを超える規模の大きなシステム開発には適さない。

プラットフォームに依存

ノーコードは、ノーコードプラットフォーム上の機能を利用して開発を行う。万が一、プラットフォーム側のサービスの提供が終了してしまうと、これまでに開発してきたものが全て利用できなくなってしまう危険性がある。また、利用できるツールやデザインもそれぞれのプラットフォームごとに異なり、自由度は低い。そのため、ノーコード開発はプラットフォームに大きく依存している。

ツールの選定にコストがかかる

上述の通り、ノーコードはプログラムコードの記述をすることができない。そのため、元のプラットフォームに備わっているツール以上の要素が求められる開発は難しい。どのようなアプリを開発するのか、その開発に何のツールが求められるのかを分析して選定することが重要である。また初心者が利用する場合、ツールの使いやすさもプラットフォームを選ぶ際のポイントとなる。海外の企業が提供しているプラットフォームも多いため、日本語に対応しているかどうかの確認も注意点としてあげられる。ノーコードではコーディングが不要となるが、選定には時間的コストがかかる。さらにツールの導入後、ユーザーツールを利用してアプリケーションを作成するまでに、ツールの操作を学習する必要がある。そのためツールの使い方の習得や運用までに時間がかかる場合もある。

セキュリティの問題

ノーコードは、プラットフォームに依存してしまうというデメリットもあるが、これはセキュリティの問題にもかかわっている。ノーコードのアプリケーションは、既に用意されているシステムを利用するため個々にセキュリティの対応をすることが難しい。また、ツールがクラウドサービスのものが多いため、社内の機密情報を扱うツールを作成する場合は、クラウド上にその情報を置いておくことになってしまう。情報漏洩のリスクが不安な場合は、オンプレミス環境に構築できるノーコード開発プラットフォームを利用するなどの対策が必要である。

ローコードとの違い

ノーコードと似たものに、ローコードがある。どちらもプログラミングにかかるコストを抑えたプラットフォームだが、1点違いがある。それは、プログラムコードを記述する程度である。ローコードはプログラムコードの記述を「必要最小限」に抑えられている。それに対しノーコードはプログラムコードの記述が「一切不要」だ。そのため、ノーコードはシステム構築にかかる労力を最小化できる。

  • どうやって使う?

【Webセミナー】コンテナ技術基礎と導入のメリット(Docker/Kubernetes)

日程: 8月26日(金)Webセミナー「BigBlueButton」を使用します。
内容: IoTプラットフォームや機械学習基盤として注目されている「コンテナ技術」について基礎から解説します。
ご興味のあるかたはぜひご参加ください。

セミナー申込

関連用語

ノーコードに関連するページ(事例など)

ノーコードとは先頭へ