よくある質問・用語集

  • どうやって使う?

ローコード(Low-code)とは

ローコード(Low-code)とは、プログラムコードをほとんど使用せずにアプリケーション開発をするプラットフォームである。ローコードの開発を行う際は、コンピュータの画面に表示されるGUI(グラフィカル・ユーザー・インターフェース)というツールを用いて操作する。従来のプログラムコードを用いる開発に比べハードルが低く、GUIによって短期間でのローコード開発ができる。そのような特性から、ローコードによる開発は高速開発や超高速開発とも呼ばれている。ローコードプラットフォームには完成された機能がパーツとして用意されていて、このパーツをドラッグ&ドロップで積み木のように組み合わせる手法で開発していく。

現在、ローコードは世界的に注目を集めている。多くの企業がDX(Digital Transformation)を推し進める中、IT人材の不足が課題となっている。ローコードは、プログラムコードの技術を習得したエンジニアでなくてもシステムの構築を行えるため、IT人材不足を解決し新たなビジネスモデルを確立できる可能性を秘めている。

この記事ではローコードのメリット・デメリットを紹介し、その特徴について解説していく。

ローコードのメリット

ローコードを用いることで、大きく4つの点でメリットがあげられる。

  • ユーザ主体の開発ができる
  • 開発コストの削減が期待できる
  • 生産性の向上が図れる
  • 今までIT化できなかった分野に適用できる

ユーザ主体の開発

ローコード開発は実装が容易で、ユーザ自身が自由にアプリをカスタマイズすることが可能となる。従来通りソースコードを用いてゼロからプログラミングを行うよりも、現場の問題やニーズを共有している当事者による作成が可能なため、より付加価値の高いアプリ開発をすることができる。 IT人材の不足から開発を外部へ委託していたようなケースでも、ローコードの手法を採用することで、現場のユーザ自身が主体となった開発を行えるようになる。変化の激しいビジネスにおいても、迅速にシステムの作成・変更・管理ができるため、相談や要望に合わせ柔軟に運用できることも大きな魅力である。時代に合わせたビジネスモデルが形成でき、DXを加速させることができる。

開発コスト削減

ローコードは、ローコードプラットフォームを用いて開発を行う。ローコードプラットフォームはさまざまな種類が提供されているが、基本的に複雑なコーディングが不要となるため、専門的なプログラミングの知識がない人でもアプリケーション開発ができる。このことにより、技術開発チームだけでなく、プログラミングの経験のない部門のメンバーがアプリケーション開発を行える。つまり、アプリケーション開発を目的とした専門の開発者を雇う必要がなくなり、開発コストが削減できる。

生産性向上

従来のプログラミング言語を用いた開発で最も時間を必要としていた、打ち合わせにより検討を重ねながら要件を定義し設計を進める工程を、ローコードによって短期間で行える。そのため、より重要度の高いプロジェクトに注力でき、生産性の向上につながる。また、専門のアプリケーション開発スキルのない人でも簡単に扱えるため開発者の負担を軽減し、少ない期間でより多くのシステム開発を実現することができる。ローコードプラットフォームを利用すればプログラムの修正も簡単に行えるため、スピードを求められる競争の激しいビジネスにおいて、常にアプリケーションを最適な状態に保つ対応が可能となる。

IT化できなかった分野への適用

ローコードによって、金銭的にも時間的にもコストがかかっていた開発を低コストで行えるようになり、IT化を推進できる。これまでコストの面からIT化が困難とされていた事業分野にも、ローコードを利用することでIT化に着手しやすくなる。また、DXの加速も期待することができる。

ローコードのデメリット

ローコードを用いるうえで注意すべき点が3つある。

  • 開発の自由度が限定的
  • 開発技術者は設計・分析の知識が必要
  • プラットフォーム側からのみのセキュリティ対策

開発の自由度が限定的

ローコードの開発は、専用のプラットフォームで行われる。必要であればローコードプラットフォーム上にプログラムコードを記述してカスタマイズしていく。しかし、ローコードプラットフォームは一般的なスクラッチ開発の仕様と比較すると拡張性が低く、多くの制約に縛られるため、開発の自由度は限られる。基本のプラットフォームにない機能をコーディングで追加できるものの、複雑なものは導入が難しい。つまり、製作したいアプリケーションが実現できない場合がある。

開発技術者は設計・分析の知識が必要

ローコードプラットフォームに実装されていない領域の開発が必要となる場合は、既存のプログラミングの知識も必要となる。ローコード開発によってプログラミング作業を短縮できるが、その代わり設計部分に比重が置かれることもある。そのため、ローコード開発であっても開発技術者には、業務プロセスの設計・分析の知識が必要となる。

プラットフォーム側からのみのセキュリティ対策

ローコード開発で開発したアプリケーションのセキュリティは、稼働するプラットフォームの環境に準ずる。そのため、アプリケーションにオリジナルのセキュリティ対策を施すことはできない。もし仮に、ローコードプラットフォーム側のセキュリティ対策に問題があった場合、情報の漏洩やシステムダウンといった深刻な影響が及ぶ危険性がある。

ノーコードとの違い

ローコードと似たものに、ノーコードがある。どちらもプログラミングにかかるコストを抑えたプラットフォームだが、1点違いがある。それは、プログラムコードを記述する程度である。ローコードはプログラムコードの記述を「必要最小限」に抑えられているのに対し、ノーコードは記述が「一切不要」だ。これが2つの最大の違いであり、若干でもプログラミングを使い開発を進めることができるため、ローコードの方が開発の自由度は高くなる。

OSSのローコードプラットフォーム

Pleasanter

Pleasanterは、組織・グループ・ユーザ単位のアクセス権限設定、API(Application Programming Interface)を利用した様々な業務を集約・連携できる。Pleasanterには、多くのテンプレートが付属していて、柔軟性に富んでおり様々な業務で活用されている。例えば、Excelを用いたデータ管理を行っている事例で、複数人で同じファイルの更新を同時に行うとデータの登録作業に待ち時間が発生してしまうことがある。Pleasanterを導入することでデータの同時更新が可能になり、業務効率を向上することができる。

デージーネットでは、OSSのローコードプラットフォームとしてPleasanterを提案している。またデージーネットは、プリザンターの認定パートナーになっている。

  • どうやって使う?

【Webセミナー】グループウェアにもOSSを!グループウェアとして利用可能になったNextcloudご紹介セミナー

日程: 1月27日(木)Webセミナー「BigBlueButton」を使用します。
内容: 社内の情報共有としてグループウェアを活用したい企業が多いのではないでしょうか。今回はOSSのNextcloudをグループウェアとして活用する方法をご紹介します。
ご興味のあるかたはぜひご参加ください。

セミナー申込

関連用語

ローコード(Low-code)に関連するページ(事例など)

ローコード(Low-code)とは先頭へ